Posts

『1年間で、100万球打つと世界一位になれる!?』

アガシは一年間で、オートマシンで100万球ボールを打ったそうです。
それを一日に換算すると…

...

2740球です・・

実際、僕はそれを聞いて、オートマシンを買って5~6年練習しました。

100球打つのに、ボール拾いもいれると10分かかります。
つまり…

約5時間ひたすらボールを打ち続けるということです。。。
コートが使える時間も限られいたのと、毎日続けようとすると、身体的に僕は1200球位が限界(ボレーも入れて)でした…

身体もボロボロになりますし…
何より、飽きます…笑

1年で100万球を普通に打つのだって、難しいのに…
それを、ライジングでハードヒットするなんて…凄すぎです。。。

ちなみに…

国枝選手が『1つのショットをマスターするには3万球打つ』と語っていて…

身体が動きを覚える数が3万回と言われているそうです(マッスルメモリー)

※2ページ目のアガシの現役時のターゲットクロスラリー(練習)ですが…
間違って載ってしまいました。。。
正しくは、シングルスコートで、シングルスポール(約1メートル×1メートル)でスペースを作って練習していたそうです!!

See More
Image may contain: 1 person
No automatic alt text available.

テニススクール、テニスショップのテニス関係者の皆さまへ…

この度、月刊少年チャンピオンにて連載中の『BREAK BACK』の単行本1巻が、4月6日(金)刊行予定となり…

秋田書店から、ポスターを作って頂きました!!!

...

『ポスターを貼ってもいいよ!』と言って頂ける心の広い?テニス関係者の皆様…

出版社の方からポスターを送らせて頂きます!!!

よろしくお願いしますm(__)m

○郵便番号
○住所
○お名前(スクール名)
○電話番号

下記のアドレスに送って頂ければ、対応させて頂きます!!(ライン、メッセンジャーでもOKです)

kazuyakurihara1116@gmail.com

※ポスターの数に限りがあるので、ポスターを送れない場合もありますので、ご了承下さい。

See More
Image may contain: 2 people
Photos
Posts

今月号のテニスクラシック・ブレークでテニス特化型トレーナーのコイノボリ東(ひがし)こと…東裕之トレーナーを紹介させて頂きました!!

なぜ、彼がコイノボリと言われているのか…

『世間の風当たりが強ければ強いほど、コイノボリのように優雅に舞ってやるぜ!』

...

そんな思想の持ち主なのかなと…

思ったら、全然違いました。。((((;゚Д゚)))))))←

See More
Image may contain: 1 person, shoes

2月号発売しました!!

地面に叩きつけての球出しは、アルゼンチンのテニスアカデミー(CORIA TENIS)でよくやってました!!

No automatic alt text available.
Image may contain: 4 people, people smiling

『勝負における4つの視点』

レベル1 自分だけを見る
↓↓↓
レベル2 自分と相手を見る...
↓↓↓
レベル3 相手の立場から自分を見る(俯瞰的な視点)
↓↓↓
レベル4 それすらも読み切って、その裏をかく

考えすぎて、ミスをしてしまったりすることもあるので、単純に「考えること=良いこと」とは、ならないのがテニス。

例え勝つ方程式があったとしても、実際にプレーで再現できるかは、また別問題。

『思考だけの勝負ではない』

テニスの面白い所でもあると思います。

ただ能力的に圧倒的不利の場合…

自分の能力を上げること(活かすこと)を考えることよりも…
『相手の能力をいかに下げるか』を考えるのも一つのやり方だと思います。

月刊少年チャンピオン連載中『BREAK BACK』のキャラクターの五十嵐涼平は…
テニスは素人だが運動能力、運動神経抜群。
色々なスポーツを経験してきたことで、レベル4の勝負の視点を自然と収得したキャラクター…

そんな気がします。。

See More
Image may contain: drawing
Image may contain: 1 person

今日はテニスクラシック・ブレークの取材で知り合ったテニストレーナーの東(ひがし)さんとテニスをしました!!!!

プロテニスプレイヤーの専属トレーナーとして、海外ツアーにも帯同…

自身も200キロを超えるビッグサーバー…

...

まさにテニス特化型のトレーナーです!(◎_◎)

テニスをやってるからこそわかる、身体のこと…

ケガの原因など…

テニスの技術的側面の助言もしてもらえます!!!

興味のある方、是非行ってみて下さい!!!!

※来月号のテニスクラシック・ブレークの「NO TENNIS NO LIFE」にて、東さんを紹介させて頂く予定です!!

東テニス整骨院
http://tenikotsu.com
FBページ
https://m.facebook.com/higasi.tennis/

See More
KASA updated their cover photo.

『守備をしないテニス』

「守備とは壊すもの」…そう語ったのが、全日本ジュニア全階級制覇のライジング亮太こと、田口亮太プロ!!

今月号のテニスクラシック・ブレークにて描かせて頂きました!!

...

ジュニア時代、ヒューイットやスリチャパンにも勝利!!

現在、活躍する添田プロの憧れの選手だったそうです!!

まずびっくりしたのが、コートサーフェスや相手、状況によって…

プレーを変えないこと…
攻撃を貫くということです!!

全て打ち抜く…

本当に漫画みたいな考え方で…びっくりしました!!

それについて…

『不器用で策が少なすぎたのが最大の弱点でありました。だからこそ1つの武器を誰にも負けないものにしようと人の何倍の努力してきた自負があります』

展開力や多彩性ではなく、ショットの精度を極限まで上げる…という考え方。

印象的だったのが…

意識的に『ゾーンに入る』ということを意識していたということ。。

田口プロの場合、やることが、とてもシンプルなので、他の選手よりも、ゾーンに入りやすいのではないかと思います。

ただ、やることがシンプルでも…

『これだけは絶対に負けない武器』があるというのが前提の話で…

これを練習でつくることは、本当に難しいんですけどね。。

相手や状況を考えず、自分のショットを打つことに集中する!!

本当に気持ちのいいテニスだなと思いました!!

現在、田口亮太プロは、東北で「R-PROJECTジュニアアカデミー」で、テニスコーチをしています!!

See More
No automatic alt text available.

今月から、月刊少年チャンピオンにて、テニス漫画『BREAK BACK』が連載スタートしました!!

よろしくお願いしますm(__)m

Image may contain: 1 person
Image may contain: 1 person

『不屈の色白王子様!?』

11月に発売した12月号のテニスクラシックでは、GODAIテニススクールの色白王子様こと…

スピニスト岩見(岩見直哉コーチ)に出て頂きました!!

...

テニスの名門、柳川高校出身で、全日本ジュニア、インカレも出場したほどの実力派!!

試合中によく足を攣る…も、攣った試合の勝率は8割という…

実は、不屈の男!?

See More
Image may contain: one or more people and shoes
Image may contain: drawing

【アカデミーレポート①レニックステニススクール】

昨日は、漫画背景の取材含めて…

横浜市保土ケ谷区にあるレニックステニススクールに行ってきました!!

...

10年前にここのレニックスでコーチをしていたので、ヘッドコーチである矢島コーチとも10年ぶりにお会いすることができました!!

コート数は11面、ジム、お風呂も完備していて…

昨日はジュニアクラス、選手チーム含めて9面で練習していました!!

ラリー練習、球出し練習、ゲーム練習、それぞれ3つに分けて、ローテーションしていきます。

○ラリーでは、ディフンスやオフェンスの配球から、一面をしっかり動けるように…

○球出しでは、動きがメインの反復練習(昨日はネットプレーを中心)

○ゲーム練習は、クロスでのポイント練習

○練習の中での待ち時間はひたすらランニング

バランス重視のシステムチックな練習メニューです。

個人的に、思いつきのレッスンより、このシステムチックに、とにかく反復して、その中で練習の質を上げていく。というのが好きで、矢島コーチのレッスンを参考にしていました。

ちなみに、レニックスでは、ゼロから育てて(移籍ではなく)、全小優勝、全国選抜優勝、全日本ジュニア優勝と結果を出しています!!

See More
Tennis Court
45 people checked in here

広告用ポスターイラスト描きました!!
自分の大ファンである、ギレルモコリアがモデルです。

やっぱりコリアと言えば…
グラファイトのイメージが強いです。

...

現在は、バボラを使っています!!

See More
Image may contain: 1 person, text

『テニススクールを開校させた男』

今月号のテニスクラシックの4コマで紹介させて頂いた…
メリオール吉川(吉川光春)さん!!

...

雑誌に載せれなかったこぼれ話です。
(※写真は4コマになってます)

懐かしいです。
お金節約のため、一つの車で何人かで運転して、試合会場を目指したり、ホテルには泊まらず、車で泊まったり…

ある意味青春でした。。

Jopper(国内ツアー選手)なら、わかってくれるはず…!!

See More
Image may contain: text

今月号の月刊チャンピオンの読者ページにて…

イジって頂きました!!

あとんす。

No automatic alt text available.
No automatic alt text available.

最も大好きなテニスプレイヤーは、元世界3位のギレルモコリアです!
好き過ぎて、アルゼンチンにノーアポで会いに行きました。笑

そんなコリアをイメージしたイラスト。

No automatic alt text available.
KASA updated their profile picture.

月刊チャンピオンのミニ表紙予定です。

Image may contain: 1 person
KASA updated their cover photo.

『逆算から考える』

今月号のテニスクラシックでは、日本ランキングシングルス最高11位の加藤季温(としはる)プロに出てもらいました!!

加藤プロは、よく逆算からのポイント練習をしていたそうです。(どうポイントを取るか、ゴールを設定して練習していた)

...

①ボレーで決めたい

そのために…↓↓↓

②フォアハンドの逆クロスを打ちたい

そのために↓↓↓

③フォアハンドでクロスまたはバックハンドのダウンザラインで相手を振りたい

そのために↓↓↓

④オープンコートを作りやすいサービスを打つ

ゴールが明確なので、試合中や練習でも、迷わない。
何をやるべきか、何を伸ばすべきか…そのプロセスも明確になるというこです。

さらに、加藤プロはこの展開に持ち込みやすいハードコートの大会を中心に出ていたそうです。

これを聞いた時に、逆算から考えるという発想は、自分にとってはすごく、新鮮でした。

カウンター系やシコラー系タイプは、『相手がこうしてきたら、こうする』と相手のプレーに対して、答えを持ってプレーすることが多いからです。(0か100ではなく、どちらの考えの割合が多いか、主体としているか)

攻撃型は、ゴールを設定し、そのプロセスになるショットの精度を上げていき…

守備型は、相手のプレーに対しての答えをより多く持ち。相手のプレーに依存するために、フットワークや反応、体力など、コートカバーリング力が重要になるのかなーと…

当然、スタイルによって、根本的な考え方が変わってれば、やり方も当然変わってくると思います。

強い選手の共通点は…

『自分自身のことをよく知っている』

ことだと…
色々な選手から、お話を聞いて感じるところです。

ちなみに、年齢などによって、あえてプレースタイルを確立しない方がいい場合もあります。

See More
Image may contain: 1 person

『修造チャレンジレポート7つのポイント』

修造チャレンジを、見学しに荏原SSCに行きました!!

1日目は、数時間コートの外で見学…...
2日目は、コート中でほぼ一日、見学させて頂きました!!

少ない時間ですが、自分なりに気づいたことを書きたいと思います!!

自分の今回の見学した見方としては…
『大局的に見て、何をやろうとしているのか…』です。

そこをなんとなく理解できれば、細かいテクニカルな部分の理由付けもできるのかなと…思いますし、『これが目的なら、こんな練習、こんな教え方もできる』みたい形で、自分でアイデアを出すことができると思うからです。

○大局的に見た7つのポイント

①なりたい自分をイメージする→そのために何が必要か→今何をすべきか(メンタル面)

②できるだけシンプルな運動にする(技術)

③ボールに対して合わせた動きではなく、自分のリズムで、自分からボールに対して打ちにいく(フットワーク)

④主導権を握れるテニスを目指す(長期的目標)

⑤スライスやサービス&ボレーなど、できることの選択肢を増やす(短期的目標)

⑥速い直線的の軌道のボールは、最も返しやすい、回転をかけて、立体的に、角度をつけてコートを広く使えるようにする(ラリー練習目標)

⑦ポイント練習は、試合をイメージして、アイデアを出す(ポイント練習目標)

【感想】
今回、全日本優勝の綿貫選手のプレーも見れましたし、色々な刺激をもらいました!!
修造さんのオーラがすごかったです。笑

See More
No automatic alt text available.

今月号の月刊チャンピオンにて、読み切りのテニス漫画と連載告知が載りました!!

読み切りの中で、テニスクラシックで描かせてもらったベア村上さんが……!!??

No automatic alt text available.
Image may contain: 3 people, people smiling
Image may contain: drawing