Jump to
Press alt + / to open this menu
CommunitySee All
Highlights info row image
334 people like this
Highlights info row image
356 people follow this
AboutSee All
Highlights info row image
Typically replies within minutes
Posts
KASA added 2 new photos.
July 17

『1年間で、100万球打つと世界一位になれる!?』

アガシは一年間で、オートマシンで100万球ボールを打ったそうです。
それを一日に換算すると…

...

2740球です・・

実際、僕はそれを聞いて、オートマシンを買って5~6年練習しました。

100球打つのに、ボール拾いもいれると10分かかります。
つまり…

約5時間ひたすらボールを打ち続けるということです。。。
コートが使える時間も限られいたのと、毎日続けようとすると、身体的に僕は1200球位が限界(ボレーも入れて)でした…

身体もボロボロになりますし…
何より、飽きます…笑

1年で100万球を普通に打つのだって、難しいのに…
それを、ライジングでハードヒットするなんて…凄すぎです。。。

ちなみに…

国枝選手が『1つのショットをマスターするには3万球打つ』と語っていて…

身体が動きを覚える数が3万回と言われているそうです(マッスルメモリー)

※2ページ目のアガシの現役時のターゲットクロスラリー(練習)ですが…
間違って載ってしまいました。。。
正しくは、シングルスコートで、シングルスポール(約1メートル×1メートル)でスペースを作って練習していたそうです!!

See More
Image may contain: 1 person
No automatic alt text available.

今月号の月刊チャンピオンにて、読み切りのテニス漫画と連載告知が載りました!!

読み切りの中で、テニスクラシックで描かせてもらったベア村上さんが……!!??

No automatic alt text available.
Image may contain: 3 people, people smiling
Image may contain: drawing
Photos
Posts

『テニス界のふなっしーを目指す男』

今月号の4コマでは、テニス界のゆるキャラを紹介しています。
その名も…

...

たうてに君!!

その生みの親であるファンタジー中村こと、中村裕基氏も描かせていただきました!!
ゆるキャラ制作費が50万、錦織選手に会うための応募券7万円購入など…

テニスにかける情熱(お金)がすごいなと…!!笑
これからも攻めた活動応援してます!!

See More
Image may contain: drawing
KASA updated their cover photo.

『得意なショットの共通点』

GODAIテニススクールの四番バッター…

ドフラット石垣(石垣諒コーチ)を描かせていただきました!!

...

現役の秋田国体選手のコーチという…
現役バリバリです!!

石垣諒さんの得意のフォアは、薄めのグリップでのフラットショット。(絵でも、できるだけ忠実に描いているつもりです)^^;←

ちなみに石垣コーチの得意なフォアハンド(フラット)の感覚は…

『ボールの真後ろを真っ直ぐ捕らえ、リストを使って真っ直ぐ飛ばす』感覚だそうです!!

これまで…
色々な人の感覚的なコツを聞いていますが…

これはもう十人十色です。

共通しているところを探すと…

得意なショットほど…

シンプルな答え(コツ)が返ってくるということかもしれません。

得意なショットほど、動作が洗練され、自動化していくために…
感覚的コツも簡略化していくのかなと…
思います!!

☆石垣コーチのレッスンはGODAI亀戸で受けれます!!

See More
Image may contain: 1 person

今日は、以前テニスクラシックで描かせてもらった…
笹原龍君と会食しました!!
彼は海外のフューチャーズやマネートーナメントに出場したりとプレイヤーとしての経験値を積みながら…日本では、その経験をプライベートレッスンで、ジュニアに伝えています!!
主に活動は神奈川、海外遠征の引率なども個人でやっていて…
海外の試合に興味のある方は、相談してみてはいかがでしょうか!!...
ちなみに11月に、ヨーロッパ遠征に行くそうです!!
今日は色々なテニスの話を聞かせて頂き、刺激をもらいました!!

See More
No automatic alt text available.

『髪は塩で洗うといい!?』

これを描かせてくれた2人の心の広さ…
テニスコート2面分です。

...

ちなみに、つぶやきテニスのツイッター豊は、シャンプーを使わず、塩で髪を洗っています。

理由は、福山雅治がやっているから…
(今は塩も使わず、お湯だけ)

40代後半で、白髪が一本もないのが、自慢です!!

そして…
脱力テニス理論の申し子…
花木モンチッチ…

脱力し過ぎて、ヨダレがでることがあるそうです。。。

See More
Image may contain: 4 people
KASA updated their cover photo.
August 19

『ラリー中に何を意識するか』

今月号のテニスクラシックブレークでは、プロテニスプレイヤーの比嘉選手を書かせて頂きました!!

すごく印象的だったのが、ラリーでの意識…

...

『2度同じボールを打たない』

実はこれ、錦織選手も、同じことを言っていました!!

単純なストレートラリーでも…
意識することによって…
大きく2つの練習に区別されます。

①一定ラリー練習…一つのことを意識して、その質を上げていくやり方

②多様性ラリー練習…意識的に変化をつけて練習するやり方

「同じボールを打たない、常にボールを変化をつける」は、多様性ラリー練習に区分されます。

☆一定ラリー練習の例…ボールをできるだけ長くつなげる、とにかくスピンをかけてボールを跳ねさせる、早いタイミングでボールを打つ、などなど。

単純なストレートラリーでも、意識1つで、その練習の効果は全く別物になってしまいます。

比嘉選手の場合、特色である両手フォアのスライスの利点(変化をつけれる利点)…

それを生かすための、プレー(練習意識)…
その方向性が、合致しています。

「自分自身の特性を理解し、それをどう伸ばしていくか、どういう意識で練習を取り組んでいくか」

そういう小さな積み重ねが、大きな差になっていくのかな…と、、、

比嘉選手のお話しを聞いて、感じました!!

※現在、テニスユニバースで、コーチをしながら現役でプロテニスプレイヤーとして活躍中!!

See More
No automatic alt text available.
KASA
July 18

連載告知用カット2。

No automatic alt text available.
KASA updated their cover photo.
July 12

『4コマ漫画ネタ募集』

今月号は、ゴダイテニススクールのサンシャイン小出コーチを紹介しました!!!

高校からテニスを始めて、全国出場した実力者です!!!!

...

得意ショットは、サンシャインボレー(ミドルボレー的なもの)!!笑

そして、4コマでは、ゴダイスクールの生徒さんを紹介しています!!!

【4コマ漫画ネタ募集】

テニスに熱い人や、テニスに対して独特なこだわりを持つ人、実際に起きた珍事、『ここだけは、テニス界で一番だ!』など…テニスをやっている人ならどなたでも!!

もし何かありましたら、ネタ提供よろしくお願いしますm(_ _)m

See More
Image may contain: 1 person
KASA added 2 new photos.
July 8

『ゲーム(Wii)はみんなでやるから、楽しい』

プロテニス選手からも一目置かれている男…

「テニス界の暴れん坊将軍」

...

デビル赤羽さん!!
今は、テニススクールのヘッドコーチとして活躍しています!!!!

See More
Image may contain: 1 person
Image may contain: 1 person
KASA added 2 new photos.
July 6

連載告知用カットです。

No automatic alt text available.
No automatic alt text available.
KASA updated their profile picture.
July 6
No automatic alt text available.
KASA updated their cover photo.
June 29

『シコラーの倒し方』

今月号は、ラット角田君を描きました!!(ラットはすばしっこいの意味)
とにかく彼は、シコイ(ミスがない)です!!

...

シコイを通り過ぎて、もうウザいです。←いい意味で(笑)

そのシコさに耐え切れず、前に行くと、得意のパッシングが飛んで来ます!!
当時から一つのスタイルとして、完成していました。

では、シコラーの倒し方を紹介します!!(よく言われているもの)

基本的な考え方として、シコラーは、相手のミスによってポイントを得ているということ…
つまり、無謀なショットを打ち、自滅するのを待っているのです。

なので…

➀いつも以上に我慢強く、無理なショットは打たないことが大事

→そのために、試合前に、長期戦の覚悟を持って挑むこと。
相手は、攻撃よりも守備に特化しているため、ある程度の甘いボールでも打ち込まれないことが多い。相手が逆に積極的に打ち込んでくる場合、自らのスタイルを変えているため、崩れてくれるかもしれない。

シコラーの大原則は『自分は簡単なことをして、相手に難しいことをさせる』
なので…

➁相手に難しいことをさせる

よく言われるのがネットプレーに出る。
つまり、相手にパッシングショット(難しいこと)を打たせること。
ただ、強いシコラーは、何といっても、このパッシングショットが上手い!!

ただ前に出るのでは、抜かれてしまうことが多いです。
なので、アプローチショットに工夫が必要。

僕が、大先輩(全日本準優勝)に教わった、おススメのアプローチが…

〇センターにハードヒットアプローチ→ド詰め

速いアプローチによって、相手にロブという選択肢をなくし、センターに打つことで相手の打てる範囲を制限、ド詰めで、きっちりボレーで仕留める!!
(この戦法は、特にハードコートで効果がありました!!)

こうやって、書いてると、何か勝てるかもと思いがちですが…
実際は、こんな簡単じゃありませんよね。。。

自分に打ち抜けるショットがあれば。。。

他にもおススメの戦い方があれば、教えて下さい☆

See More
Image may contain: one or more people and text
KASA added 2 new photos.
June 26

『テニスの安全第一主義はダメ??』

ボルグ本人がテニスについて語っていたことを漫画?の中で、まとめました。
ボルグのこの言葉は、個人的に好きな言葉です!!

...

あえて、ここでは逆説的見解を紹介します!!

『安全第一の戦略のテニスは、ジュニアの間はある程度の期間は成功するだろう。それは、ほとんどのジュニアが、不安定で、精神的に弱く、忍耐力がなく、戦略の乏しいテニスをするため…
しかし、このテニスは現代のプロレベルでは通用しない』 ノエル・ブランデル

ボルグ全否定w

だからと言って、安全第一主義がダメで、攻撃的であることが正しいのでしょうか!?
例えば…
ボルグの考え方を「短期的」
後者の考え方を「長期的」
と考えると、どちらの考えも、すんなり入ってこないでしょうか??

練習でも、試合でも…
短期的に結果を出すための練習も大事だし、将来を見据えた長期的視野から見た練習も大事だと思います。

そのバランスが人によって変わってくると考えると、どちらが間違っていて、どちらかが正しいという極論にはならないのではないでしょうか!!

See More
No automatic alt text available.
No automatic alt text available.
KASA
June 17

企業のラインスタンプの企画用サンプルを数点描きました!!

人生も脱力が大事…

と、呟きながら…

...

仕事合間に見る…

ディスカバリーチャンネル。。。

See More
No automatic alt text available.
KASA
June 16

『12歳を過ぎると、新しい運動を覚えない!?』

12歳ごろまでに、基礎的な運動パターンを脳の中に運動プログラムとして、コード化して記憶する。

その時期を過ぎてから学習する運動技能は、全く新たに学習するのではなく、それまでに記憶してきた運動プログラムのコードの配列を組み替えて、学習する。

...

これを簡単にまとめると…

『12歳を過ぎると、その人にとっての、やりやすい(学習しやすい)運動やクセなどが作られる』

そう考えると、その人独自のクセも…
それをなくす?ことを考えるりも、そのクセをいかに生かすか、と考えた方がいいのかもしれません。。

『いいフィーリングか、それともぎこちないか、それをテニスの上達のアンテナにする。自分に合ったやり方見つけることが大事』 ビヨン・ボルグ

『ボールを投げる練習の時に、あえて何も考えず、意識せずに何球も投げるうちに、無理のない投げ方になっていく』 イチロー

などは、自分にとってのやりやすい運動を探すための、一つの方法なのではないかと、思います。

ここだけを取り上げると…

「意識することは悪いこと」「意識しないことは良いこと」になってしまいますが…

実際は…

「意識して、良くなることがあれば、悪くなることもある」 

「意識しないことで、良くなることがあれば、悪くなることもある」

ということだと思います。

See More
Image may contain: one or more people
KASA
June 8

『ウエイトトレーニングのデメリット』

ボルグは、一切ウエイトトレーニングをしなかった…
では、ウエイトトレーニングのデメリットは一体何なんでしょうか??

...

色々なトレーナーさんへの取材や本などの情報をまとめてみました!!

①トレーニングで筋肉を肥大させると神経系の調節能力が低下する

②筋力は鍛えられても、それを支える関節や腱は鍛えられない。つまり筋肥大をさせると、怪我をしやすくなる(イチロー説)

③筋肉が緊張しやすくなり、スムーズな動きができなくなる可能性がある(緊張させないやり方もある)

④その人自身の運動プログラムや、その人自身の運動特性などを考えずにトレーニングを行った場合…
フォームが崩れたり、怪我をしやすくなったり、良かった時の感覚を忘れてしまうことがある

⑤エネルギーの消費が激しくなる

ここでは、ボルグを取り上げているために、デメリットを書いていますが、当然、ウエイトトレーニングをしたことで、成功を収めた選手もたくさんいると思います。
良いか悪いかではなく、ウエイトトレーニングも一つの選択肢と考えるなら…
メリット、デメリット含めて知った方がいいのかなと…
メリットは、多く知れ渡っても、デメリットはあまり知らないことが多いので今回は載せてみました!!

※『こういう考え方があるよ』『それは間違っている』など、ありましたら是非コメントで教えてください!!

See More
Image may contain: 2 people, people smiling, text
KASA
June 3

『ラケットとプレースタイルの関係』

試合に出てる人なら、わかってもらえるはずです。
その人(プレースタイルなど)によって似合うラケットメーカーがあります。

...

僕はよく『バボラっぽいよね』とか言われたりしました。
写真のキャラクターは、アディダスとヨネックスを使用させていただく予定です。

僕のヨネックスのイメージは、優等生的オールラウンダー!!

でも、最近、ヨネックス使用のキリオスのおかげで、かなりイメージが変わりました!!

See More
No automatic alt text available.