Posts

明けまして
おめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

No automatic alt text available.

感染防止対策のグローブ(手袋)を外す時は、表面(血液や吐瀉物などの付着面)が、自分の表皮に付かないように外します。

外したグローブは、表面が裏返しになっています。

写真を参考に、コツを練習すれば簡単に外せます。

Reviews
4.9
16 Reviews
Tell people what you think
Photos
Videos
レスキューフーズの作り方・・・ビデオで紹介します
27
1
レスキューフーズ・・・失敗編 女性には難しいところもあるみたいですね\(^_^)/
22
3
落下防止装置
13
2
Posts

【AEON 幸せの黄色いレシート】
FADは、イオン入間店の黄色いレシート登録団体です。

ご投函いただいたレシートの助成品は、救護班運営・救命教室・資料作成・資機材メンテナンスなど、FADの活動に役立てています。

... See More
No automatic alt text available.

11月19日(日)
第2回里山まつりに、救護班運営とFADブースで参加しました。

救護班運営は、
傷病事例0で無事に終えました。

...

FADブースでは、
緊急時に役立つ「お助けダイヤル」
瓦礫脱出体験「くぐってGO!」
を来場者に体験していただきました。

「お助けダイヤル」を全てしっていますか?
119・110・118・171・189
#8000・#7000・#7119・#9110・#9910

See More
Image may contain: text
No automatic alt text available.

「本能的溺水反応」というのですね。
我が子も静かに溺れました。
お気をつけください。

No automatic alt text available.
教えてドクター こどもの病気とおうちケア

乳幼児の不慮の事故で2番目に多い「溺水」。溺れる時、バシャバシャもがくのは映画の世界だけです。溺れた状況を理解できず、もしくは呼吸に精一杯で声を出す余裕もなく、静かに沈んでいきます(instinctive drawing response:本能的溺水反応)。隣の部屋にいれば音で分かると思ったら大間違い。入浴中は気を付けましょう。
少しでも悲劇が減るよう、分かりやすいように制作チームでイラストにしました。

※ちなみに、テーマは
W・S・スワンソン著「ママドクターからの幸せカルテ」(吉田穂波先生監訳)からヒントをいただきました。

西武学園文理中学校様からのご依頼で、エピペン®️講習(教職員研修)を開催しました。

【 講座 】
食物アレルギーとは。
エピペン®️(エピネフリン)とは。...
アナフィラキシーショックとは。
学校での対処とは。

【 実技 】
エピペン®️の使用方法。
現場の救急対応。

参加した教職員からは、以下のような感想をいただき、エピペン®️講習の重要性を実感する事が出来ました。

・アレルギー症状が、こんなに危険な事を改めて知る事が出来た…

・アレルギー救急対応は、養護教諭に任せる(呼びに行く)のでは間に合わない事を知りました…

・生徒全員が、アレルギー救急対応を出来るように指導します。

See More
No automatic alt text available.

狭山地方交通安全協会(東金子支部)様からのご依頼で、救命講座を開催しました。

救命手当の現場では、周囲にいる人々に協力を求めて、救命手技を手分けして行う事を体感していただきました。

『傷病者はどんな人でどんな場面?』をイメージする事で、自分に出来ることを考えて行動出来る様になります。

...

救命手当を正しくやる事より、うろ覚えの知識でもいいから、「自分に出来る事は必ずある!」という事を、学んでいただきました。

See More
Image may contain: 5 people, people sitting and indoor
Image may contain: 1 person, sitting

この夏は台風の被害が多発しています。
ここで18号が、日本列島を縦断する予報で近づき、各地で大雨を降らせています。
前回の台風からまだ整備の整っていない地域、地盤のの弱っている地域などあると思います。
みなさん、十分に危険予測をし、気象庁発表の災害に備えてください。
地盤が弱いところ、河川の増水に注意し、近づかない、また危ないと思った時には地域の避難所に避難しましょう。...
また、暴風域に入ってる時などには、買い物などは取りやめるなど、必要最低限の外出にとどめた方が良いと思います。
通勤・通学などで外出される方は、その地域での避難場所の確保にも努めてください。
小さなお子さんの外出には、保護者の方が良く注意を促し、取りやめる事を肝心です。

何よりも自分の身は自分で守る事を考え、そして他人をも助け合える、心構えが必要だと思います。
少しでも甚大な被害のの少ない事を祈ります。

See More
No automatic alt text available.

9月11日も、イオン入間店の幸せの黄色いレシートの日に参加しました。
毎回AED体感会を行っています。

今後も行なっていきますので、11日にお買物にいらした方は、ぜひ一度、実際にAEDに触れてみてください。
そして、緊急時に迷いなくAEDを使えるようになっていただきたいと思います。

No automatic alt text available.

死戦期呼吸(しせんき こきゅう)を知っていますか?

8/5(土)、死戦期呼吸の傷病者にAEDが使用されず亡くなられた事故がありました。

速やかな心肺蘇生法に加え、AEDを使用すれば、助かる可能性があった命。

...

傷病者有事の現場に居合わせだ時には、躊躇せずにAEDを使用してください。

かけがえのない命を守るために、
『自分達で出来る事』
『AEDは躊躇なく使う!!!』
このことを忘れないでいてください。

See More
Image may contain: text

入間市社会福祉協議会の「はじめてみよう 夏ボランティア体験」のFADメニューに、4名(小学生〜高校生)ご参加者いただきました。

イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンでの、レシート投函呼びかけを体験していただきました。

来店客に「黄色いレシートお願いしまぁす!」の元気な声が店内に響きました。

... See More
Image may contain: 3 people, people standing
Image may contain: one or more people and people standing
Image may contain: 1 person, standing

NPO法人まちづくりサポートネット元気な入間様からのご依頼で、「メダカの学校プロジェクト」の救護班を運営いたしました。

川遊びに適した気候で、無事に救護運営を終えました。

荒川流域ネットワーク様から、ライフジャケット貸出のご協力があり、参加者はライフジャケットを装着しました。

... See More
Image may contain: one or more people and outdoor
Image may contain: 1 person, standing, sky and outdoor

7/31(月) 11:45頃
JR武蔵野線(乗車中)、傷病者対応を行いました。

男性が、しゃがんでグッタリしている様子、顔面蒼白、冷や汗。

...

「どうしました? 具合悪いのかな?」の問いかけに、体調不良を訴えました。

席を譲り、着座して、携帯していた、パルスオキシメーターで脈と血中酸素濃度を計測。

下車して駅員に対応を引き継ぎました。
意識鮮明で会話ができるので、119救急要請ではありませんでした。

See More
No automatic alt text available.

台風が近づいて来ています。
今後の最新情報にご注意ください。
夏休みに入り、出かける機会も増えていると思いますが、特に海のレジャーなどは高波に注意してください。

非常に強い台風5号は、1日日本列島の南海上にあり、北西に進んでいます。...
今週末にも西日本に近づく見込みですが、速度が遅いうえに楕円を描くように進むなど複雑な動きをしており、気象庁でも進路予測に頭を悩ませています。

See More
No automatic alt text available.

〜「いるま」から発信!私が取り組む環境の形〜

多くの市民に環境への関心を高めてもらう事を目的に、FADでの取り組みをパネル展示を使いながら紹介します。
また、救護班としても待機しています。
皆様が安心してイベントを楽しめるよう、注意して安全に努めます。

OCT1
Sun 10:00 AM UTC+09入間市産業センター
1 person went