Posts

【第65回日本大学全国高等学校・建築設計競技 応募要項】

第65回日本大学全国高等学校・建築設計競技(すまいとまちのていあん)

■テーマ...

Continue Reading
No automatic alt text available.

【第65回日本大学全国高等学校・建築設計競技 審査員長】

日本大学全国高等学校・建築設計競技審査会
審査員長 鍋島千恵

...

■視点
設計には身体的なスケール感が大切だと思います。例えば、椅子の座面の高さはどの位がちょうど良いか、あるいは扉の幅は何センチメートルまで許容できるかなど、人間の営みの根源となるヒューマンスケールを考えることは、どんなに大規模な建築になっても忘れてはならないことだと思います。一方で、教会や駅といったパブリックな場所に身を置くと、その大空間に圧倒され、感動することもあるでしょう。それは使い勝手とか建築コストとかを無視すれば、身体的なスケールとは逆の、スケールのズレからくる予測不可能な体験によって、人間の感情が揺さぶられることに他なりません。皆さんは、建物の空間そのものを体験することによって、感動したり泣いたり笑ったりすることはありますか? そこで、誰もが幸せになるような、皆さんの想像する新しいスケールをもった家の提案を期待します。

鍋島千恵(なべしま・ちえ)
建築家

1975年 神奈川県生まれ
1998年 日本大学生産工学部建築工学科居住空間デザインコース卒業
1998年 手塚建築研究所
2004年 TNA設立
現在 日本大学生産工学部建築工学科居住空間デザインコース非常勤講師、法政大学デザイン工学部建築学科非常勤講師

受賞
2007年 平成19年東京建築士会住宅建築賞「輪の家」、Record Houses 2007「輪の家」
2008年 Wallpaper Design Awards 2008最優秀賞「輪の家」
2009年 第25回吉岡賞「カタガラスの家」、東京建築士会住宅建築賞「カタガラスの家」
2010年 JIA新人賞「カタガラスの家」
2012年 AR AWARD 2012「カモ井加工紙第三撹拌工場史料館」
2014年 第6回JIA中国建築大賞特別賞「カモ井加工紙第三撹拌工場史料館」、第12回ブルネル賞「上州富岡駅」、グッドデザイン賞「上州富岡駅」
2015年 日本建築学会賞(作品)「上州富岡駅」、第56回BCS賞特別賞「上州富岡駅」、東京建築士会住宅建築賞「構の郭」
2016年 Record Houses 2016「旋の家」 
2017年 2A ASIA AWARD「KAMOI FACTORY」 など

See More
Image may contain: 1 person, smiling, closeup
Photos
Posts

【第65回日本大学全国高等学校・建築設計競技 委員長】

日本大学全国高等学校・建築設計競技委員会
委員長 塩川博義

...

■ごあいさつ
日本大学では、建築系の学科がある5学部(理工学部、生産工学部、工学部、生物資源科学部、短期大学部)7学科の共通事業として、毎年、日本大学全国高等学校・建築設計競技を実施してまいりました。
本設計競技は、昭和28年に第1回全国工業高等学校設計競技として発足し、今年で第65回を迎えることができました。これもひとえに、ご参加いただいた高等学校、高等専門学校の生徒の皆様並びにご指導いただいた先生方によるご努力の賜物であると考えております。心より感謝申し上げます。
また、日本大学といたしましても、本建築設計競技が高等学校における建築教育に微力ながらお役に立っているとするならば幸甚に存じます。
本設計競技の第50回までは工業高等学校の生徒の皆様を対象に実施してまいりましたが、この実績を基盤として、第51回からは建築系生徒の育成という役割と同時に、専門分野を越えて広く住環境に関心のある若い世代への参加を促すとともに、第60回からは高等専門学校に在籍する3年次生にも門戸を開き、建築・住まいを志向するより多くの皆様に参加を呼びかけております。
本年度は、若い方々らしいみずみずしい感受性と自発的な目標を抱いて、現在の暮らしと住まいを改めて見渡し、誰もが幸せになるような新しいスケールをもちコミュニティを紡ぐ、未来に向けた新しい「大きな家」の提案を募集いたします。高等学校、高等専門学校の先生方におかれましては、意欲と熱意のある生徒の皆様がご参加、ご応募くださいますよう、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

See More

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技 最終結果】

《最優秀賞》

「愛想のないパソコンショップ」...
塚本瞳 三重県立四日市工業高等学校 建築科

《審査員特別賞》

「故郷の海」
岸夕海 三重県立伊勢工業高等学校 建築科

「世界にひろがる家 生きるという冒険が世界をつなげる」
三村雄太 兵庫県立神戸工業高等学校 建築科

《優秀賞》

「Art横丁 アートが照ラス「下町のスキマ」」
古川隼也 神戸市立科学技術高等学校 都市工学科

「ぼくのひろがるまちにっき! 住人十色の路地変化」
坂本尚之 埼玉県立熊谷工業高等学校 建築科

「団地団地Revolution ~時代に合わなくなった団地をアップデートしちゃいました~」
黒住隆二 神戸市立科学技術高等学校 都市工学科

《佳作》

#ガラスの杜 ~伝える受けとる繋げる家~」
荒金千花子 神戸市立科学技術高等学校 科学工学科

「meetpia」
齊藤あみ 富山県立高岡工芸高等学校 建築科

「おじゃりやれ青ヶ島 ~青ヶ島再生プロジェクト~」
永仮隼平 東京都立科学技術高等学校 科学技術科

「住宅地のオアシス~3つの家を1つにして出来た活気溢れる場所~」
佐藤泰彦 大分県立鶴崎工業高等学校 建築科

「廃村復活 ~Tiny Village~」
西澤克真 静岡県立科学技術高等学校 建築デザイン科

《奨励賞》

「街に縁を流せば」
野口颯汰 栃木県立宇都宮工業高等学校 建築デザイン科

「Light and Jewel ~山梨県から広がる伝統工芸~」
濱大智 山梨県立甲府工業高等学校 建築科

「規格化され変化に富んだ空間と絆の長屋 ~開閉式アーケード・神社・温泉・店舗のある路地~」
井上広大 青森県立青森工業高等学校 建築科

「無数の窓から広がる家」
佐藤直喜 静岡県立科学技術高等学校 建築デザイン科

「コトバノ宿」
米田康平 神戸市立科学技術高等学校 都市工学科

「ハブハウス ここから広がる人の和・動物の和」
井川美結 大分県立日田林工高等学校 建築土木科

「ポップアップラットホーム」
山下紗輝衣 東京都立多摩科学技術高等学校 科学技術科

「Not Indoor,But Outdoor =日本の住宅の根本を変えてみる=」
柴山里音 大分県立大分工業高等学校 建築科

「REGIONAL LIGHTHOUSE」
立石きさら 川崎市立川崎総合科学高等学校 建設工学科

「SNSを見える化したら住宅はもっと広がる ~人は画面上ではなく、心と心でつながる~」
渡邉風夏 大分県立大分工業高等学校 建築科

See More

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技】

《最優秀賞》

「愛想のないパソコンショップ」...
塚本瞳 三重県立四日市工業高等学校 建築科

See More
No automatic alt text available.

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技】

《審査員特別賞》

「故郷の海」...
岸夕海 三重県立伊勢工業高等学校 建築科

See More
Image may contain: shoes

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技】

《審査員特別賞》

「世界にひろがる家 生きるという冒険が世界をつなげる」...
三村雄太 兵庫県立神戸工業高等学校 建築科

See More
No automatic alt text available.

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技】

《優秀賞》

「Art横丁 アートが照ラス「下町のスキマ」」...
古川隼也 神戸市立科学技術高等学校 都市工学科

See More
No automatic alt text available.

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技】

《優秀賞》

「ぼくのひろがるまちにっき! 住人十色の路地変化」...
坂本尚之 埼玉県立熊谷工業高等学校 建築科

See More
No automatic alt text available.

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技】

《優秀賞》

「団地団地Revolution ~時代に合わなくなった団地をアップデートしちゃいました~」...
黒住隆二 神戸市立科学技術高等学校 都市工学科

See More
No automatic alt text available.

【「新建築」に関連記事が掲載】

「新建築」2017年3月号(新建築社)に、「高校生が見る建築・都市の将来」と題された関連記事が掲載されました。第63回の審査員長を務めた光井純さんと、最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞を受賞した3人の高校生との座談会が行われ、それぞれの入選作品、彼らの学内での活動などが紹介されています。

No automatic alt text available.

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技 応募要項】

第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技(すまいとまちのていあん)

■テーマ...

Continue Reading
No automatic alt text available.

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技 審査員長】

日本大学全国高等学校・建築設計競技審査会
審査員長 渡部和生

...

■視点
図書館に行くと、自分のお気に入りの閲覧机(キャレル)があり、その小さなスペースを拠り所に、大きな書架スペースに足を運ぶことがあります。
自分の身体の大きさや動きをもとに最小限必要な空間を考え、詳細に検討することは、いつの時代にも大切なことです。近年では多くの人は、パソコンやスマートフォンと一体となった生活をしています。街の音や自然の光や風など、五感に触れる空間との出合いも減り、家族像もかつてのように画一的ではありません。持続可能な社会が求められる一方で、そのように流動化する時代だからこそ、身体とまわりのスペースの問題を真摯に受け止め、そこから街や風景へと心の中の意識がひろがることを期待します。“みんな”にとって居心地の良い「ひろがる家」を探してみてください。

渡部和生(わたべ・かずお)
建築家・日本大学工学部建築学科特任教授

1956年 福島県生まれ
1979年 東北大学工学部建築学科卒業
1979-1986年 ㈱蔵王建築設計事務所
1987年 ㈱惟建築計画設立[Yui Architects and Planners]
1999-2013年 日本大学工学部建築学科非常勤講師
2014年- 日本大学工学部建築学科特任教授

作品(受賞)
1992年 太田綜合病院附属桔梗寮・桔梗保育園Ⅱ(第13回東北建築賞)
1996年 太田綜合病院附属老人保健施設桔梗(日本建築家協会1997年JIA新人賞、日本建築学会1999年作品選奨、医療福祉建築賞1998、第17回福島県建築文化賞正賞)
2000年 太田綜合病院附属ファミリーハウス桔梗(第21回東北建築賞)
2001年 福島県立郡山養護学校(2004年日本建築学会賞(作品賞)、日本建築学会2004年作品選奨、2003年度グッドデザイン賞、第45回BCS賞、第10回公共建築賞国土交通大臣表彰)
2002年 太田看護専門学校(2004年日本建築士会連合会賞、第23回東北建築賞)
2009年 長岡市立東中学校(日本建築学会作品選集2013)

著作
「現代日本の建築」(2011年 ARTBOXインターナショナル)
東日本大震災復興支援「希望の建築」(2012年 共同通信系新聞に連載)

東日本大震災復興支援プロジェクト
太田綜合病院附属太田西ノ内病院本館MFICU(2014年竣工・郡山市)
須賀川市立大東こども園・大東児童クラブ館(2015年竣工・須賀川市)
須賀川市立第二小学校(2016年竣工・須賀川市)
太田綜合病院附属太田西ノ内病院腫瘍集学治療センター(工事中・郡山市)

See More
Image may contain: 1 person, closeup

【第64回日本大学全国高等学校・建築設計競技 委員長】

日本大学全国高等学校・建築設計競技委員会
委員長 濱田幸雄

...

■ごあいさつ
1953年から始まった日本大学全国高等学校・建築設計競技は、今回で64回を迎えます。本設計競技がここまで続けてこられましたのは、ご参加いただいた高等学校、高等専門学校の生徒・学生の皆さん、さらにご指導いただいた先生方のお力によるものであり、改めてここに感謝申し上げます。
本年度は、工学部が幹事校を務めさせていただきます。審査員長には建築家の渡部和生先生に就任いただきました。実は渡部先生には東日本大震災から2年後の第60回の審査員長を務めていただき、「つながる家」をテーマとし、皆さんより多くの作品をお寄せいただきました。今回のテーマは「ひろがる家」です。
東日本大震災のとき、皆さんはどこに居て、何を感じたでしょうか。あれから6年という年月の“ふるい”は、皆さんの心の網目の上に何を残したのでしょうか。網目に残った一粒一粒をつなげて、想像力をひろげていくと、どのような新しい世界が見えてくるのでしょうか。
皆さんの心が捉えたものを自由に表現してください。高等学校、高等専門学校の先生方におかれましては、意欲と熱意のある生徒・学生の皆さんに、多数の応募をいただきますようご指導をよろしくお願い申し上げます。

See More

【第63回日本大学全国高等学校・建築設計競技 最終結果】

《最優秀賞》

「飛び出せ広場へ! さあ、ニュータウンへ帰ろう」...
柴田拓人 兵庫県立神戸工業高等学校 建築科

《審査員特別賞》

「あたえない家 ーお父さんに買ってもらったレゴブロックから建築を考えるー」
須藤青空 三重県立四日市工業高等学校 建築科

「Canvas House」
西村藍 兵庫県立神戸工業高等学校 建築科

《優秀賞》

「駅前のこどもの城 高さ12mまでの階段型児童公園」
橋本倫瑠 三重県立伊勢工業高等学校 建築科

「音と光で育む感性」
飯澤舞 静岡県立科学技術高等学校 建築デザイン科

「目線と視線を楽しむ住まい ~毎日がかくれんぼ~」
西角莉歩 大分県立鶴崎工業高等学校 建築科

《佳作》

「今を生きる町家 〜国際力を育む家〜」
山口謙太 神戸市立科学技術高等学校 都市工学科

「Alice ~不思議な国への鍵~」
辛島涼那 北海道名寄産業高等学校 建築システム科

「FORM OF FAMILY 〜ブロックで繋がる家族の物語〜」
安斉隼斗 北海道名寄産業高等学校 建築システム科

「知らなかった!日本の子供の貧困 子供食堂だけでは解決しない」
三國大河 青森県立青森工業高等学校 建築科

「Treasure House.」
梶原麻衣 山梨県立富士北稜高等学校 建築デザイン系列

《奨励賞》

「火育の家 〜パーマカルチャーから学ぶ自然との共存〜」
細川陸斗 神戸市立科学技術高等学校 科学工学科

「紡木の家 ー祖父から学んだことー」
黄裕貴 神戸市立科学技術高等学校 都市工学科

「水車新田で育む家 〜「育て・作り・使う」で育む心の器〜」
荒金千花子 神戸市立科学技術高等学校 科学工学科

「THE EYES」
竹﨑一博 高知県立高知工業高等学校 定時制建築科

「自然と対話する家」
松野駿樹 兵庫県立豊岡総合高等学校 環境建設工学科

「ライフサイクル 人生を家とともに謳歌する」
須藤慧 青森県立弘前工業高等学校 建築科

「視線の住処」
井上了太 埼玉県立春日部工業高等学校 建築科

「RUN and RUN!」
本間千晴 東京都立工芸高等学校 インテリア科

「子守城 ~郭と襖~」
鈴木太常 群馬県立桐生工業高等学校 建設科

「KODOMON GO 子どもを探して、遊んでGO!」
波多野樹 大分県立大分工業高等学校  建築科

See More

【第63回日本大学全国高等学校・建築設計競技】

《最優秀賞》

「飛び出せ広場へ! さあ、ニュータウンへ帰ろう」...
柴田拓人 兵庫県立神戸工業高等学校 建築科

See More
No automatic alt text available.