Photos
Posts

【ありブラ vol.30】マイ・ネイム・イズ・CRIWARE!(プリンスとダイエットとVRと海外の話)
http://www.gamebusiness.jp/article/2016/05/08/12264.html
久しぶりの更新になります、ありブラ再開です。ブランク中の出来事を総括的にお伝えしつつ、先日急逝したプリンスについて書いてみました。なお、記事中で「YouTubeにはほとんどプリンスの楽曲や映像が無い」と記載しましたが、現時点では、実に大量のヒット結果が得られるようになっています。その辺の理由についても想像しながらお読み頂けたら幸いです。

GameBusiness.jp、インサイドをご覧のみなさま、こんにちは!
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.29】意外と知らない!?「トランスコード」でビジネスを成功に導く秘訣とは?(その3)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/12/18/11736.html
好評頂いているトランスコーダ技術シリーズ、第3回目の連載となる今回は「トランスコードはエンコードに勝てない」という神話(?)について、その真相に迫ります。また、CRIでトランスコーダ技術を手掛ける開発責任者のH氏にインタビュー。トランスコードで配慮すべきポイントについて詳しく迫ります。

Posts

以前「ありブラ vol.23」にもご登場頂いた、「VR蟲姫」開発のファンタジスタさんが、再びCRIWAREのVRソリューションを採用し、『DEATH NOTE』が題材のVR脱出ゲームを出展されるそうです。VR蟲姫のインタビュー記事はこちら→ http://www.gamebusiness.jp/article/2015/10/09/11496.html

「ジャンプフェスタ2016」にCRI Sofdec2 for VRが採用された『DEATH NOTE』VR脱出ゲームが出展されます。

ジャンプフェスタ2016(12月19~20日、幕張メッセ)に出展されるアプリ『DEATH NOTE』VR(ヴァーチャルリアリティ)脱出ゲーム、なんとこちらにはCRIのVR技術が採用されて...います!
開発はファンタジスタさん、映像はドラマ版「デスノート」のCGも担当したデジタル・フロンティアさんが制作されているそうです!
ジャンプフェスタに行かれる方はぜひご体験ください。

See More
CRI・ミドルウェアは、映像・音声・ファイルシステム・音声認識などの分野でミドルウェアの開発・販売・サポートを行っています。マルチプラットフォーム対応を前提に、様々な機種向けに製品展開をしております。
cri-mw.co.jp

【ありブラ vol.28】意外と知らない!?「トランスコード」でビジネスを成功に導く秘訣とは?(その2)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/12/04/11691.html

大好評の「動画トランスコード」連載シリーズ、第2弾!いよいよ、H.264コーデックで画質とデータサイズ削減を両立する方法、解説スタートです。動画ビジネスに関わる方にとって深刻な「動画データ爆発」のリスクを回避する方法についてご紹介していきます。

... See More

【ありブラ vol.27】意外と知らない!?「トランスコード」でビジネスを成功に導く秘訣とは?(その1)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/11/20/11639.html

今週から新シリーズで複数回にわたりお届けするのは、「トランスコード」でハッピーになるための方法について。序章となる今回は、動画の種類や歴史、市場について。

突然ですが、読者の皆さんは「クラウドファンディング(Crowd-funding)」という言葉を知っていますか?KickstarterやIndieGoGoといった具体的なサービス名を挙げたほうがピンとくるかも知れません。
www.gamebusiness.jp

【ありブラ vol.26】ゲーム視点からみた「ハイプ・サイクル」(後編)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/11/13/11619.html
今年の「ハイプ・サイクル」をゲーム業界の視点から見つめてみるシリーズの後編。ハイプ・サイクルをご存知でない方も、前編と併せて、この機会にぜひどうぞ!

GameBusiness.jpをご覧のみなさま、こんにちは!前回は、最新版「ハイプ・サイクル」上で、ハイプの絶頂期にある技術群についてとりあげました。後編となる今回は「黎明期」と「幻滅期」「啓蒙活動期」にプロットされた技術について、注目してみたいと思います。
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.25】ゲーム視点からみた「ハイプ・サイクル」(前編)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/10/23/11543.html

先日発表された今年の「ハイプ・サイクル」をゲーム業界の視点から見つめてみます。やっぱりゲームって、「新技術のアーリーアダプター」なのかもしれません。ハイプ・サイクルをご存知でない方も、この機会にぜひどうぞ!

10月も下旬にさしかかり、街中でも長袖やニットを着ている人を見かけることが多くなってきました。短いながらも秋の魅力を堪能したいものです。
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.24】360°全天球型ホラー体験「VR蟲姫」開発秘話(後編)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/10/16/11515.html

ファンタジスタとCRIのミドルウェア技術のコラボで実現された、まったく新しいVR体験「VR蟲姫」。クリエイターインタビューの後編となる今回は、「映像の2層化」というアイディアの詳細やその実現手法、気になる今後の展開について聞きました。

GameBusiness.jp、インサイドをご覧のみなさま、こんにちは!
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.23】360°全天球型ホラー体験「VR蟲姫」開発秘話(前編)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/10/09/11496.html

全天球動画コンテンツに“アルファ(透明度)付きの別動画レイヤ”を重ねあわせるという、まったく新しいVR体験を実現したホラーコンテンツ「VR蟲姫」。本作を開発したファンタジスタさんにお話を伺いました。前後編に分けてお届けします。

PS4でVRが体験できる「PlayStation VR」も発表され、「Oculus Rift」の製品版も本年中には予約が開始されるのではないかと言われております。一方で「Google Cardboard」も新バージョンになり、スマホをVR化するようないわばカジュアル系VRも続々と製品化されています。
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.22】事前予約のデファクトスタンダード「予約トップ10」の魅力(アドウェイズ取材/後編)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/10/02/11470.html

前回に引き続きアドウェイズのお二人との対談をお届け。今週は同社が手掛けるアプリの事前予約サービス「予約トップ10」について、その開発秘話と活用手法についてご紹介。実は「CRIWARE」も予約トップ10とタイアップしています!

今回は、前号に引き続き、アンバサダー・プログラムによる協業先でもある、株式会社アドウェイズのキーバーソンお二人に、ゲームアプリのデジタルマーケティングに関する最新動向についてお話を伺います。
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.21】広告会社がミドルウェアを扱う理由とは?(アドウェイズ取材/前編)
http://s.gamebusiness.jp/article/2015/09/18/11425.html

モバイルゲームのデジタル系広告会社の雄、アドウェイズ。今回は、アドウェイズで新規事業の推進に携わるキーパーソンお二人にお話をお聞きしました。2週連続でお届けします。

先日のエントリでもご紹介した「CRIWAREアンバサダー・プログラム」。すでに、このプログラムをきっかけにしてCRIWAREを知り、ミドルウェアを新規にご評価頂いている企業も増えています。
s.gamebusiness.jp

【ありブラ vol.20】ツールやミドルウェアの「導入障壁」と向き合う(その3~完結編~)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/09/04/11368.html
導入障壁と向き合うシリーズもいよいよ完結編。「とりあえず使ってみる」から「ミドルウェアをしゃぶりつくす」のレベルにステップアップするためのケーススタディ(ADX2)をご紹介。VRの話題もあるよ!

パシフィコ横浜で行われた日本最大のゲーム開発者向けイベント『CEDEC2015』も終了したばかりですが、ゲーム業界的には、次なるビッグイベント『東京ゲームショウ2015』に向けて引き続き熱量の高い毎日が続きます。
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.19】ツールやミドルウェアの「導入障壁」と向き合う(その2)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/08/28/11335.html
新たなツールやミドルウェアを検討する際にぶち当たる「導入障壁」について迫る、好評シリーズの第2回。今回は「ADX2」というサウンドミドルウェアを具体例に「段階的な導入の重要性」についてご紹介します。

GameBusiness.jp、インサイドをご覧のみなさま、こんにちは!
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.18】ツールやミドルウェアの「導入障壁」と向き合う(その1)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/08/21/11313.html
新しい技術や製品ってワクワクしたりときめいたりしますが、実際に導入や購入となると、いろいろと不安要素も出てきますよね。「使いこなせるか心配」「使える人材がいない」「勉強したくない(笑)」。こうした「導入障壁」とどうやって向き合うか?難しい問題です。今回のテーマはシリーズでお届けします。

GameBusiness.jp、インサイドをご覧のみなさま、こんにちは!
gamebusiness.jp

【ありブラ vol.17】アンバサダー・プログラムがはじまります。
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/08/07/11253.html
家庭用ゲーム機で育まれた「CRIWARE」ですが、近年、スマホアプリへの普及がますます進んでいます。そこで、スマホアプリ業界での幅広いニーズによりスピーディにお応えするために、新たな取り組み(訴求強化のための企業提携)を実施します!

CRI・ミドルウェアでは新たに販売代理制度としてアンバサダー・プログラムを開始します。ありブラ、最新回ではそのアンバサダー・プログラムについて語られています。
gamebusiness.jp

【本日の報道発表から】CRI、スマホ向けCRIWARE 販売強化で2社と提携 「CRIWARE アンバサダー・プログラム」をスタート
http://www.cri-mw.co.jp/newsrele…/2015/e78k1e00000043yl.html
当発表の経緯や詳細について、明日更新の「ありがとう!ブラックボックス」でご案内する予定です。パートナー各社のコメントもご紹介します。

CRI・ミドルウェアは、映像・音声・ファイルシステム・音声認識などの分野でミドルウェアの開発・販売・サポートを行っています。マルチプラットフォーム対応を前提に、様々な機種向けに製品展開をしております。
cri-mw.co.jp

【ありブラ vol.16】恐竜がムーンウォークする!?(サウンドの重要性)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/07/31/11222.html
夏といえば恐竜のシーズン!?新作もいよいよ公開のジュラシックパーク。あの重量感を表現していたのは実はCGやアニマトロニクスだけではない!?

待ち遠しかった梅雨明けを迎えた直後だというのに、今度は連日の猛暑日。病院に担ぎ込まれる方ばかりか、熱中症が原因で亡くなられる方も出ております。読者の皆さんにおかれましても「単に暑いだけ」と思わずに、くれぐれもご自愛下さいませ。
www.gamebusiness.jp