Posts

【東大応援席に行こう!〜初級編〜】
明日は東京六大学野球春季リーグ戦第二カード、対明治大学戦です!
今季は弊部Facebookにて【東大応援席に行こう!】企画を4回に渡ってお送りしておりますが、本日は第2弾、初級編をお届けします。本日は東大応援席の流れについてお伝えします☺︎
では参ります♪

...

<試合前、試合後:エール交換、7回:エール>
試合前、試合後には相手校とエール交換を行います。
☆東大のエール
「ただ一つ」を歌う

メインリーダーの先駆けに続いて
「フレーフレー東大」を2回言う

メインリーダーの先駆けに続いて
「フレーフレー相手校」を2回言う

7回のエールは東大の攻撃回のみ行います。
☆7回のエール
運動会歌「大空と」を歌う

メインリーダーの先駆けに続いて
「フレーフレー東大」を2回言う

すぐにチャンスパターンメドレーが始まります!
盛り上がりましょう♪

どちらのエールでも、ご起立・ご脱帽のご協力をお願いいたします。
また、エール中はご静粛に、お席のご移動はご遠慮ください。

<5回守備回:チア曲>
5回守備回には、チアリーダーズが吹奏楽団の演奏に合わせてダンス、スタンツを行います\(^o^)/
本年度春季チア曲は西野カナの「GO FOR IT!!」です♪
元気いっぱいのチアリーダーズによる演技を皆様是非手拍子をして盛り上げてくださいね!

<9回攻撃回:闘魂エンドレス>
9回の攻撃回には、東大の応援歌である「闘魂は」をエンドレスで何回も歌います!
最終回まで、野球部を応援するために、皆様で大いに盛り上がりましょう📣
これを聞けば初めて神宮球場に来てくださったお客様も闘魂はを覚えて帰れますね😊

いかがでしたでしょうか。
東大の応援では盛り上がるポイントが沢山あります。最初から最後まで皆様全員で盛り上がり、野球部を後押しして参りましょう!
今週末もぜひ神宮球場にお越しください。

--------------------------------------------
◇応援席でのお願い
応援席では応援部員の指示に従って下さい。
・エール交換時(試合前、7回、試合後)はご起立・ご脱帽願います。
・応援席内での飲酒は禁止されております。
・無許可の撮影は禁止されております。
ルールを守って楽しく応援しましょう!ご協力お願い致します。

See More
Image may contain: 10 people, people standing and stadium
Image may contain: 2 people, people smiling, people playing sports and stadium
Image may contain: 2 people, people smiling, people playing sports and stadium

【野球部コラボレーション企画】
先週の土曜日、本年度の東京六大学野球春季リーグ戦が開幕しました!
開幕戦にはとても多くのお客様にお越しいただき、応援席は非常に盛り上がりました。ありがとうございました☆
そして今日からリーグ戦期間中、【野球部コラボレーション企画】の連載がスタートします。
この企画は、毎回それぞれのお題に対して野球部、応援部両部に答えてもらう、というものです!...
普段は聞けない、貴重なお話も聞けるかもしれませんね(^^)

記念すべき第一回のお題は【各部(パート)の魅力】です。
野球部からは三鍋秀悟副将(4年/捕手/川和)、辻居新平選手(3年/外野手/栄光学園)、応援部からは金平美咲(4年/吹奏楽団会計/桜蔭)、宮下達朗(3年/リーダー/屋代)、中村彩花(2年/チアリーダーズ/国分寺)が登場です!

それでは野球部と応援部の魅力をたっぷり聞いてみましょう!

Q1 ずばり、自分の部(パート)の好きなところは何ですか?

三鍋:リーグ戦で勝つという目標は全員共通ですが、個性豊かな選手がそろっているのは野球部の魅力だと思います。

辻居:大学生活の多くを野球に捧げ、圧倒的に実力が上の五大学に勝つために必死に考え練習に打ち込むことが出来るところです。もちろん必死に練習をしたからといって必ず報われるといったことは全くなく、厳しい現実を突きつけられることがほとんどですが、その中で一丸となって掴んだ勝利は本当に嬉しく自分の人生の中で大きな財産となっています。

金平:私が応援部吹奏楽団で好きなのは、活動が多彩なところです!私たちは、応援活動はもちろん演奏やドリル(マーチング)にも意欲的に取り組んでいます。活動は多彩ですが、どれを取っても音楽は欠かせません。色々な側面から吹奏楽の面白さや魅力を存分に感じることができ、活動をすればするほど、音楽と仲間のことが大好きになります!!

宮下:皆が、応援の力を本気で信じて、より良い応援とは何かを真剣に考え、馬鹿になって応援しているところです。あとは応援部の三パート仲が良いこと、いつも元気で明るいところです。

中村:KRANZの好きなところは、今年度のチアリーダーズ方針でもありますが、「想いを一つに」できるところです!スタンツをする時は、チームメイトと心を通いあわせ、応援をする時は選手の方々を想い、応援席が一つになれる、そんな一体感溢れるこの部活が大好きです。

各部の良さが沢山伝わってきました☺︎
次の質問にいってみましょう!

Q2 今まで各部にいて1番良かったと思ったことはなんですか?

三鍋:実際に試合に出て勝ち点奪取を経験できたことです。コンバートもあり悩んだこともありましたが、続けていてよかったなと思いました。

辻居:他大学に勝ちたい一心で自分たちのやってきたことが報われると信じ、強い情熱をもって努力し続ける挑戦の姿勢こそが我が部の真骨頂であり、それを体現する先輩方、同期、後輩と出会い共に野球を出来ていることを何よりも誇りに思っています。

金平:心震える瞬間を、多くの人と共有できることです。応援に伺った試合で、大一番の勝負に勝利した時。ステージのラストの一音がぴたりと決まった時。
その瞬間のこらえきれない高揚感と、涙が出そうになる程の感動を、部員の枠を超えて選手の方々やお客様方とも分かち合えるのは、本当に嬉しいことだと思います。

宮下:運動会各部の方々と勝利の喜びも負けた悔しさも分かち合えること。勝った時は、自分の事以上に嬉しくなります。特に昨年の勝ち点獲得の瞬間は一生忘れないと思います。

中村:楽しかったこと、良い思い出はたくさんあります
が、やはり一番記憶に残っているのは昨年度の勝ち点を挙げたあの試合です。自分が、勝ちたいとこれほど強く思えたこと、東大をこれほど好きにさせてくれたこと、野球部・応援部双方に感謝しています。

それぞれの活動が常に楽しいだけではなく、辛いことも沢山あると思います。それでも感動できる瞬間、特に試合に勝った瞬間というのは、野球部にとっても応援部にとっても忘れられない大切な思い出となるのですね!

それでは最後に…
Q3 応援席のお客様に一言お願いします!

三鍋:いつも応援していただきありがとうございます。昨年以上の結果を残せるようチーム一丸となって頑張っていくので、今後とも応援よろしくお願いします。

辻居:いつも大変お世話になっております。先日の慶應戦では不甲斐ない姿をお見せしてしまいましたが、勝利をもってファンの皆様の声援にお応えできるよう気迫を持って今後の練習、リーグ戦に向かっていきたいと思います。何卒引き続き熱い声援のほどよろしくお願いいたします。

金平:お忙しい中いつも応援席に足を運んでくださり、本当にありがとうございます。応援席は、お客様なくしては成り立ちません。応援部員として選手の方々を鼓舞することはもちろんですが、応援席のお客様にも元気をお届けできるように頑張ってまいります!今後とも温かいご声援をよろしくお願い致します。

宮下:応援席のお客様あっての応援部です。いつもありがとうございます。声を張り上げ、叫び、飛び跳ね、可笑しくて笑い、落胆し、勝って笑い、嬉し泣きをしましょう。

中村:いつも一緒に応援して下さりありがとうございます。私は、一生懸命で熱い東大の応援席が大好きです。一緒に盛り上がり、今年もたくさん「得点ただ一つ」歌いましょう♪

いかがでしたでしょうか。
普段は異なる活動をしている野球部、そして応援部の3パートが、神宮球場では誰もが「勝ち」という1つの目標に向かって必死に取り組む姿の裏には、この様に本当に楽しんで活動に臨んでいることや、それぞれに強い想いがあるからなのですね!
今週末はぜひ神宮球場にて、そんな野球部員・応援部員の熱い心を感じてみてください!
次回もお楽しみに☆

--------------------------------------------
第二カード 対明治大学戦
4/21(土)第一試合、先攻三塁側 *プロ併用日
4/22(日)第二試合、後攻一塁側 *プロ併用日

第三カード 対早稲田大学戦
5/5(土)第ニ試合、先攻三塁側 *プロ併用日
5/6(日)第一試合、後攻一塁側 *プロ併用日

第四カード 対法政大学戦
5/12(土)第二試合、後攻一塁側
5/13(日)第一試合、先攻三塁側

第五カード 対立教大学戦
5/26(土)第二試合、後攻一塁側 *プロ併用日
5/27(日)第一試合、先攻三塁側 *プロ併用日

※場所はいずれも明治神宮球場
※試合開始時間は第一試合11:00、第二試合13:30頃(プロ併用日は30分繰り上げ)
--------------------------------------------
◇応援席でのお願い
応援席では応援部員の指示に従って下さい。
・エール交換時(試合前、7回、試合後)はご起立・ご脱帽願います。
・応援席内での飲酒は禁止されております。
・無許可の撮影は禁止されております。
ルールを守って楽しく応援しましょう!ご協力お願い致します。

See More
Image may contain: 1 person, playing a sport, stadium and outdoor
Image may contain: 3 people, people smiling, outdoor
Videos
Photos
Posts

【幹部より一言2018 Vol.17五道芙美】
平素より弊部Facebookをご覧いただきまして誠にありがとうございます。本年度チアリーダーズ対校責任者を務めます、五道芙美と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。


2015年5月23日。忘れもしない春季リーグ戦対法政大学戦第一回戦。...
野球部が94連敗を止めたその歴史的瞬間を応援席から見ていた時、私は応援部員ではありませんでした。運動会の部活に入る勇気がなくて、かといってこれといったサークルも見つけられずに、すっかり新歓に乗り遅れてしまった私は、テント列や入学式で見かけたチアになんとなく興味を持って、ふらりと神宮応援を見学に行きました。その頃の東大野球部といえば連敗記録の更新中で、正直試合内容にはあまり期待していませんでした。
ところがどうでしょう。
負けるつもりで試合をしている選手など誰一人としていないのです。そして応援部員も、お客さんも、野球部が絶対に勝つと本当に信じているのです。その日、野球部が4年ぶりの勝利を収めた瞬間の、歓喜に湧くマウンドと応援席、先輩の涙、応援席に向かって一礼する選手と、それを迎える応援席の人々の姿は、今でも鮮明に覚えています。

そんな劇的な経験に魅せられて応援部に入部した私ですが、もし、あの試合で野球部が勝っていなかったとしても、やっぱり私は応援部に入っていたと思うのです。
あの時、何事にも熱中出来なくて、いつもなんとなく白けていた私は、青空の下で思い切り叫んで、体を動かして、感情をさらけ出して、夢中になれる、そんな応援部に惹きつけられたのでしょう。

応援部は、全力を尽くすとか、仲間を信じるとか、人の心を動かすとか、そういうことを、馬鹿にしないで本気で出来る場所だと思います。暑苦しいなんて、私たちにとっては褒め言葉です。みんなが無駄だと思う様なことに、真剣に真面目に取り組むことに誇りを持っているのです。全員で全力を尽くしたその先にある歓びを、私たちだけが知っているのです。こんなに熱くなれる場所は応援部以外にはありません。


4月も半ばに差し掛かり、応援部は間もなく新入部員を迎えます。
みんなはどんな四年間を送るのでしょう。ここでならきっと、最高の仲間と、最高に楽しい時間を過ごすことが出来ると思います。
私もまだ三年しか過ごしていないので、最後の一年でどんなことが待っているのか楽しみです。ぼんやりしているとあっという間に卒業してしまいそうなので、ひとつひとつの活動に悔いのない様全力で取り組みたいと思います。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

See More
Image may contain: one or more people

【東大応援席に行こう!〜入門編〜】
いよいよ明日から東京六大学野球春季リーグ戦が開幕いたします!
今季は弊部Facebookにて【東大応援席に行こう!】企画を4回に渡ってお送りいたします。
まず今回は入門編といたしまして、東大応援席の基本的なことについてお伝えします。いつも来てくださる方は復習を、初めて来てくださる方は是非予習にお使いください。
では参ります♪

...

・東京六大学野球とは?
東京六大学野球とは、早稲田、立教、法政、慶應、明治、そして東大の六大学から成る野球のリーグ戦です。90年以上の歴史を持つ、伝統ある野球リーグであり、有名な明治神宮野球場(通称:神宮球場)で全試合行われます。

・アクセス
☆東京メトロ銀座線外苑前駅3番出口より徒歩5分
3番出口の階段を上り、右に曲がったら直進してください。しばらく歩くと、右手に神宮球場があります。
先攻三塁側の日は、門から入って左へ進み、11番ゲートからお入りください。
後攻一塁側の日は、門から入って右へ進み、3番ゲートからお入りください。
目印は【小淡青旗】です!
本年度春季リーグ戦では
☆先攻三塁側 4/14、4/21、5/5、5/13、5/27
☆後攻一塁側 4/15、4/22、5/6、5/12、5/26

・応援席入場券
通常時はお1人様500円ですが、下記の通り、学生無料招待日、東大生無料招待日がございます。是非その日には沢山のご友人と一緒に来てみてください!
(無料招待日には応援席入口にて学生証、生徒手帳をご提示ください。)

☆4月14日 開幕戦動員企画
学生無料招待

☆5月6日 淡青の日
東大生先着100名無料招待

・応援席受付にて
応援席受付で、配布物を受け取ってください。
☆青メガホン
応援の必需品!これなしで応援はできません!
応援ではこのメガホンを振ったり、叩いたり、回したりします。詳しくは今後お伝えいたします☺︎
青メガホンは受け取ったら【三角に折って】お使いください。

☆ただひとつ
ただひとつとは、東京大学の野球部と応援部の選手・部員紹介冊子です。
活躍すると選手、身近で応援している応援部員を知ることでより応援が楽しめること間違いなしです。
ぜひ受け取ってくださいね!
※ただひとつには毎カードごとに数に限りがございます。予めご了承ください。

☆神宮だより
神宮だよりとは、神宮応援に関わる様々なことを紹介する応援部からお客様へのお便りです。毎カードごとに異なる企画をご用意しておりますので、ぜひ毎カードお楽しみにしていてください!

・グッズ販売
青メガホンは毎回配布しておりますが、それだけでは物足りない、という方は是非応援グッズを揃えてみてください!
本年度は、東大野球部オリジナルTシャツ、東大野球部・応援部オリジナルタオル(淡青タオル)、東大野球部オリジナルチケットホルダーの3種類をご用意しております。
詳しくは以前の投稿(https://www.facebook.com/todaicheerleading/posts/1968258876526375)を参考にしてみてください。

いかがでしたでしょうか。
ここまでこれば、応援する準備は万端です!
次回、初回編では各回の流れを説明いたします。
お楽しみに☆

--------------------------------------------
◇応援席でのお願い
応援席では応援部員の指示に従って下さい。
・エール交換時(試合前、7回、試合後)はご起立・ご脱帽願います。
・応援席内での飲酒は禁止されております。
・無許可の撮影は禁止されております。
ルールを守って楽しく応援しましょう!ご協力お願い致します。

See More
Image may contain: 2 people, crowd

【幹部より一言2018 vol.16 岡みのり】
 平素より弊部Facebookをご覧いただきまして誠にありがとうございます。本年度指揮を務めます、岡実莉と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。

今回は私が指揮という役職を志すに至った経緯について書かせていただきます。
入部した時には、指揮を振った経験もなく人前で話すことも得意ではない自分が学生指揮者になる日が来るとは、全く予想もしていませんでした。

...

転機となったのは、二年生の時に東京六大学の合同演奏会に演奏隊として出演し、演奏(座奏)の奥深さや細部にまでこだわって音楽をつくることの楽しさに気付かされましたことです。それ以降、応援部吹奏楽団の演奏をより良くするために貢献したいと思うようになり、副指揮を志しました。そうして三年生の時に副指揮となったものの、初めのうちは自分の力不足を感じて自信を持てず、もどかしさを覚えることばかりでした。しかし、バンド全体の音がまとまる嬉しさや自分自身で曲について深く考えて音楽づくりをリードしていく楽しさを経験していくうちに、もう一年、指揮スタッフとして応援部吹奏楽団に関わりたいと思うようになりました。

昨年一年間で先輩や同期から多くのことを学び、出来ること・分かることは徐々に増えてきました。淡青祭や定期演奏会という大きな本番も経験し、大好きな吹奏楽団のメンバーとともに音楽を作り上げていく喜びも沢山味わいました。

それでも、音楽をつくるという活動において明確な答えはないことの方が多く、「どんな練習をすればこの課題をクリアできるだろう」、「どうすれば演奏練習を楽しんでもらえるかな」というように、今でも日々の活動は試行錯誤の連続です。

指揮という立場で過ごすこの一年間は、吹奏楽団の一人一人が主体的に練習に取り組み、吹奏楽の面白さ、表現することの楽しさを感じられるような演奏練習の運営を行っていきたいと考えています。また、自分自身が音楽を楽しむ気持ちを忘れず、指揮者としても奏者としても周囲の部員に負けないくらい成長していこうという気概を持って一つ一つの活動に取り組んで参ります。

さて、今週末には東京六大学野球春季リーグ戦が開幕を迎えます。
神宮応援で演奏中の吹奏楽団がほとんどの時間グラウンドの方を向いている中で、唯一スタンドの方を向いているのが指揮者です。指揮者の位置から見上げるスタンドの景色はまさに絶景で、応援席の盛り上がりと一体感を実感できます。熱く盛り上がる応援席の様子を指揮者席から見るにつけ、この場所に立てる喜びと誇り、勝利を願う思いが湧きあがって来ます。春季リーグ戦では、新体制となった指揮スタッフ4名で指揮者席からより一層応援を盛り上げていく所存です。
皆様もぜひ神宮球場に足をお運びいただき、一緒に選手の方々に熱い応援を届けましょう!

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

See More
Image may contain: 1 person

【東京六大学野球春季リーグ戦】
4月に入り、すっかり春めいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
春季リーグ戦開幕まであと5日となりました。
本日は今季のリーグ戦日程をお届けします。

...

◇春季リーグ戦日程
第一カード 対慶應義塾大学戦
4/14(土)第一試合、先攻三塁側 *開会式(10:15~)
4/15(日)第二試合、後攻一塁側

第二カード 対明治大学戦
4/21(土)第一試合、先攻三塁側 *プロ併用日
4/22(日)第二試合、後攻一塁側 *プロ併用日

第三カード 対早稲田大学戦
5/5(土)第ニ試合、先攻三塁側 *プロ併用日
5/6(日)第一試合、後攻一塁側 *プロ併用日

第四カード 対法政大学戦
5/12(土)第二試合、後攻一塁側
5/13(日)第一試合、先攻三塁側

第五カード 対立教大学戦
5/26(土)第二試合、後攻一塁側 *プロ併用日
5/27(日)第一試合、先攻三塁側 *プロ併用日

※場所はいずれも明治神宮球場
※試合開始時間は第一試合11:00、第二試合13:30頃(プロ併用日は30分繰り上げ)

今シーズンも皆様に楽しんでいただける企画を多数ご用意しております。
ぜひ神宮球場にお越しください☆

--------------------------------------------
◇応援席でのお願い
応援席では応援部員の指示に従って下さい。
・エール交換時(試合前、7回、試合後)はご起立・ご脱帽願います。
・応援席内での飲酒は禁止されております。
・無許可の撮影は禁止されております。
ルールを守って楽しく応援しましょう!ご協力お願い致します。

See More
Image may contain: one or more people, crowd, sky and outdoor

【東京六大学野球応援にクラスで行こう!】
新入生の皆さん、東大入学おめでとうございます🌸
オリ合宿も終わり、授業も始まり、クラスの仲間と過ごす時間が増えてきたのではないでしょうか…?
ここでクラスの仲を更に深めることのできる企画をご紹介します!
ぜひクラスみんなで来て、より仲を深めてくださいね☺︎...
もちろん二年生以上も大歓迎の企画です☆

○東京六大学野球とは?
東京六大学野球とは、早稲田、立教、法政、慶應、明治、そして東大の六大学から成る野球のリーグ戦です。90年以上の歴史を持つ、伝統ある野球リーグであり、有名な明治神宮野球場(通称:神宮球場)で全試合行われます。

この様な有名な東京六大学野球春季リーグ戦の開幕戦に学生の皆さんを無料招待します!
様々な企画を用意しておりますので、下記の文章を読んで、ぜひクラスのみんなでお越しください!

○開幕戦動員企画について
・日時
4月14日(土)
9時開門
10時15分より試合前セレモニー開始
11時試合開始

・アクセス
☆東京メトロ銀座線外苑前駅3番出口より徒歩5分
3番出口の階段を上り、右に曲がったら直進してください。しばらく歩くと、右手に神宮球場があります。
球場に入ったら、【左】に進み、【11番ゲート】から東大応援席に入れます。(4月14日は三塁側応援席)

・開幕戦特典
☆学生無料招待
東大生に限らず、小学生から大学院生まで応援席に無料招待いたします!
応援席入口にて、学生証又は生徒手帳をご提示ください。

☆フェイスシールプレゼント
応援席ご来場先着600名様にフェイスシールをプレゼント!
また、フェイスシールに関連したスタンプ1ポイントプレゼントの企画も行います!詳細は以下の通りとなっております。

【STEP1】
フェイスシールをつけた写真を応援席内で応援部員に撮ってもらう、または試合後球場を出たあとに撮影!

*フェイスシールはシールタイプとなっておりますので、水で濡らす必要はございません。台紙から剥がし、そのままつけることができます。
*フェイスシールをつける場所は顔だけでなく手などでも問題ございません。
*応援席内での写真撮影では通路に立っていたり、腕章をつけている応援部員が対応させていただきます。お気軽にお声がけください。

【STEP2】
#big6 #東大野球部 #一丸
の#(ハッシュタグ)をつけ、フェイスシールをつけた写真をTwitterまたはInstagramに投稿!

【STEP3】
春季リーグ戦期間中、スタンプブースにて投稿画面をお見せいただくとスタンプ1ポイントをプレゼントいたします!

・クラス特典
クラスの10人以上で参加すると更に特典があります!
新入生のクラスだけでなく、二年生以上のクラス、学科の10人以上も同様の特典があります!

☆抽選参加
クラスで遊べる豪華景品が抽選で当たります。
Amazonギフトカード10000円分など、豪華賞品を用意してお待ちしております。

☆無料写真撮影
応援部員やイチ公と一緒に写真を撮りましょう!
フェイスシールと共に良い写真がとれるはずです!

☆五月祭宣伝のお手伝い
特に新入生はこれから五月祭の準備、後に宣伝を行うことになりますが、その宣伝を応援部がお手伝いします!
フォロワー約5000人の応援部公式Twitterでクラスの宣伝の投稿をお手伝いします。
東大の学生が多くフォローしてくれているので効果大です。
ご希望のクラスは【応援席受付で伝える連絡先に投稿してもらいたい文章を送ってください】。

4月14日の開幕戦の企画は以上になります。
たくさんありますが、ぜひクラスのみんなで来て、クラスの仲を深める良い機会にしてくださいね☺︎
応援部一同、皆様のお越しを楽しみにしています!
神宮球場でお会いしましょう*\(^o^)/*

--------------------------------------------
◇応援席でのお願い
応援席では応援部員の指示に従って下さい。
・エール交換時(試合前、7回、試合後)はご起立・ご脱帽願います。
・応援席内での飲酒は禁止されております。
・無許可の撮影は禁止されております。
ルールを守って楽しく応援しましょう!ご協力お願い致します。

See More
Image may contain: one or more people and text
Image may contain: text

【春季リーグ戦開幕まであと8日】
東京六大学野球春季リーグ戦の開幕まであと8日となりました。
本日は皆さまにリーグ戦をもっともっとお楽しみ頂けるような企画・イベントをお知らせ致します*\(^o^)/*
今季より新しく始まる取り組みもありますので、お見逃しなく☆

...

○イベント
・開幕戦動員企画:4月14日(土)
☆クラスで東京六大学野球を応援しに行こう!
東京六大学野球開幕戦対慶應義塾大学戦に学生の皆様を無料招待します!
クラスで東京大学の応援席に行くと様々な特典があります!
詳しくは後日弊部公式Facebookにてお知らせいたします。

・淡青の日:5月6日(日)
☆淡青タオルを持参の方、先着300名に【特製オリジナルペットボトルホルダー】をプレゼント!
※淡青タオルは昨年以前の『勝』、『ただ一つ』、『闘魂』、『下剋上』、『一丸』のどのデザインでも構いません。
☆東大生先着100名様応援席無料招待!
(応援席入口にて学生証をご提示ください。)

・東法セレモニー:5月13日(日)
法政大学応援団が東京大学の応援席にいらっしゃいます!
神宮球場三塁側応援席にて10時より行いますので、ぜひいつもよりお早目に応援席にお越しください!

・スタンプ2倍デー:5月12日(土)
☆スタンプカード企画において、この日だけスタンプを2ポイントプレゼント!
※東大生は通常通りスタンプ2ポイントを差し上げます。
⇒スタンプカード企画については下記のまとめ又は弊部HP内のページ(http://www.todai-ouen.com/2018/jingu/aindex.html)をご覧ください。

○スタンプカード企画
半券のご提示で1回ご来場ごとに1ポイントたまります。東京大学の学生の方は学生証もご一緒にご提示いただくと2ポイントたまります!皆さまのご参加をお待ちしております!
詳細は以下をご確認ください。

【スタンプ押印場所】
・東大一塁側時:5番入口付近
・東大三塁側時:9番入口付近

【スタンプ押印時間】
・試合前
2試合日第1試合/1試合日→試合開始予定時刻1時間前から1回裏
2試合日第2試合→第1試合7回表から第2試合1回裏
・試合後
試合終了後20分間

※プロ併用日の第2試合終了後の押印は行いませんのでご注意ください。

【スタンプカード景品】
今年度のスタンプカードの景品は以下のようになっております。
 5pt:野球部・応援部グッズ
 10pt:お好きな野球部員・応援部員のブロマ(※選べる部員には限りがございます)
 15pt:お好きな野球部員・応援部員のサイン色紙

※スタンプカード企画はリーグ戦試合日のみとなります。リーグ戦閉幕後のフレッシュリーグ試合日には行いませんのでご注意ください。

〇グッズ販売
昨年からデザインを一新したオリジナルTシャツ、今年度のチームスローガン『一丸』を宇佐美主将が書き上げた淡青タオルに加え、チケットホルダーを販売いたします。これらのグッズを是非身につけて神宮球場にいらしてください!

【販売商品】
(1)東大野球部オリジナルTシャツ
サイズ : WM(レディースM)、M、L
価格:1,800円

(2)東大野球部・応援部オリジナルタオル(淡青タオル)
価格:1,500円

(3)東大野球部オリジナルチケットホルダー
価格:1200円

【販売場所】
大変申し訳ございませんが、日によって販売場所が変わります。以下を参考に販売場所までお越し下さいます様宜しくお願い致します。
・応援席入口内
4/14(土)、4/21(土)、5/6(日)、5/13(日)、5/27(日)
・内野席と応援席間のアーケード(5番入口付近)
4/15(日)、4/22(日)、5/12(土)、5/26(土)
・販売無し
5/5(土)

【販売時間】
試合開始予定時刻1時間前から6回終了時まで

本日お知らせする内容は以上となります。
沢山あって覚えきれない!という方に向けて、応援部HP(http://www.todai-ouen.com)内にも上記の情報を掲載致しますのでご確認下さい。
又、各種SNSにて随時情報を更新して参りますので、ご期待下さい!
今季も応援席で皆様にお会いできることを楽しみにしています☺︎

--------------------------------------------
◇応援席でのお願い
応援席では応援部員の指示に従って下さい。
・エール交換時(試合前、7回、試合後)はご起立・ご脱帽願います。
・応援席内での飲酒は禁止されております。
・無許可の撮影は禁止されております。
ルールを守って楽しく応援しましょう!ご協力お願い致します。

See More
Image may contain: 3 people, people standing, crowd and text
Image may contain: text

【幹部より一言2018 vol.15 大木すみれ】

平素より弊部Facebookページをご覧下さいまして、誠にありがとうございます。本年度トレーニングチーフを務めます、大木すみれと申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。

トレーニングチーフという役職をご存知でしょうか。簡単に言ってしまえば、練習を仕切り、ステージの演技を作る人です。練習メニューの作成、音源作成、演技構成、ステージ運営、そして練習・演技指導。仕事は多岐に渡ります。1日の内、起きている時間のほとんどは部活のことを考えているうちに過ぎていくこの生活が、全く辛くないといえば嘘になります。...
しかし、私はトレーニングチーフに就任してから、今まで以上に部活が好きになりました。なぜなら、誰よりもチームメイト一人一人の思い、笑顔、真剣な眼差しと向き合うことができるからです。
私が最初にトレーニングチーフを志したのは、2年後期に駒場責任者を務めたときでした。駒場責任者は下級生の統括、特に1年生の指導を任されます。かつてないほど大人数のチアリーダーズ1年たちは本当に手がかかり、幾度となく頭を抱えさせられました。しかし同時に、本当は一人一人がやる気と情熱に溢れているということも知っていました。だからこそ、将来は自分が指導する立場になり、チームメイトの良いところを引き出し、そして指針を与える存在となりたいと考えたのです。
現在3年部員となった彼女たちは、KRANZにとって間違いなく重要な存在となっています。どんなときも笑顔を絶やさず周囲の仲間を励まし、その明るさをもって練習を盛り上げてくれています。みんな頼もしくて心強くて、大好きな人たちです。
2年生は5人と少ない人数ながら、先輩になる準備をするべく精一杯頑張っています。素直で心優しい彼女たちは、同期内で支え合い、先輩のアドバイスは素直に聞き入れ、この春を通して立派なチアリーダーへと成長しました。
そして、チアリーダーズ幹部。私は同期に心を開くまでにずいぶん長い時間がかかり、下級生の頃は厄介な存在だったと思います。それでも私を支えてくれ、幹部になってからは私が練習で失敗したときにも笑って悲しさを吹き飛ばしてくれる同期たちの存在は、本当にかけがえのないものです。
KRANZは現在30名で活動しています。みんなの笑顔がなければ、私の心はとっくに折れ、この一年間を「乗り越える」だけで終えていたかもしれません。チームメイトの笑顔があるからこそ、もっと頑張りたい、もっと一人一人の良いところを輝かせたいと思うことができるのです。チームメイトは私にとって、誰よりも大切な存在です。

そして、トレーニングチーフという立場を離れても、私は応援部員のみんなが大好きです。例えば合宿で大きな声で挨拶をする姿、鼓手試験のために一生懸命太鼓を叩く姿、苦しい練習を全員で乗り切って感涙する姿…。その一つ一つが、私に感動を与えてくれます。応援部の生活がなければ、こんなにも心が揺り動かされ、ときめく体験はできなかったことでしょう。強情で意地っ張りで、人前で涙を流すなんてあり得ないと思っていた私が、周囲の人々と共に心から笑って泣いている。こんなことはきっと私の一生で、応援部にいるこの4年間だけなのではないかと思います。
最後に、私は応援部の生活で出会った全ての人が仲間だと感じています。夢を追いかけて、或いは様々な理由で応援部を去っていった同期や後輩がいました。その誰もがまた、大切な仲間です。共に目指したものや思い出を忘れずに、いつまでも切磋琢磨し合える存在でありたいと思います。

私たちはまもなく新人を迎え、4学年揃って新たな一歩を踏み出します。応援部という環境は一見厳しく入りにくい世界かもしれません。しかし一歩踏み入れてみれば、熱くて優しくて仲間思いな人々が大勢いることに気付いてもらえると思います。新たな仲間たちの入部を今から心待ちにしています。
私にとっては、何はともあれ残り9ヶ月の応援部生活です。みんなが大好きだという想いを抱きながら、愛を込めて全ての活動に臨んで参ります。
最後までお読み下さりありがとうございました。

See More
Image may contain: 1 person, smiling, standing and outdoor

【幹部より一言2018 vol.14 佐藤明】
幣部Facebookをご覧くださいまして誠にありがとうございます。本年度吹奏楽団副責任者を務めます、佐藤明と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。

いよいよ私も幹部から一言というこちらの企画に文章を寄せることとなり、諸先輩方の文章も改めて拝見させて頂きましたが、私自身の文章が多くの方の目に触れるということに実感を持てず、なんとも不思議な気持ちでおります。何を書けばいいのか考えても良い答えはでないので、現在の率直な気持ちを綴らせて頂こうと思います。

...

「自分はこれまでいったい何をやってきたんだろう」
突然ですが、あることをきっかけに過去を振り返った時、このようにこれまでの自分の不甲斐なさに気づく経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。私は大学3年になってしばらく経ったころ、それまでの2年間で楽しむ気持ちや上達へのモチベーションをすっかり失ってしまっていたことに気づきました。
吹奏楽がどうしてもやりたくて、マーチングにあこがれて、スポーツが大好きで、まさに自分にぴったりの団体だと思って入部したのに、自分はこれまでいったい何をやってきたんだろう。そんなふうに思いました。

こんな自分の弱さに気づかせてくれたのは、恥ずかしながら当時新入生だったホルンの後輩2人でした。彼らは本気でホルンを愛し、本気でホルンに向き合っていました。私は彼らから音楽に取り組む姿勢を学びました。音楽を楽しむ方法を学びました。音楽歴でいえばもう15年を超えますが、初めて音楽が大好きになりました。

応援部に限らず、何事においてもそうだと思いますが、応援部の活動をしていると、いつでも楽しくやりがいを持っていられる訳ではありません。辛さや虚しさに目がいくこともあります。私の場合は自分の弱さに責任がありますが、自分のせいではないのに辛く悲しい思いをしてしまう部員もいるでしょう。
けれども、私の周りにはそんな自分にも笑いかけてくれる、同じ部員として受け入れてくれる仲間がいました。そして音楽を愛し楽しむ姿で私を救ってくれた仲間がいました。私は本当に多くの人の愛に包まれてきました。
だからこそ今、私は演奏・マーチング・応援のすべてにやりがいを感じられています。私が吹奏楽団副責任者を志すようになった理由は、就職活動を通じてこなれてきてしまったので長くは書きませんが、一言でいえば吹奏楽団のみんなに今まで自分が受けた愛を返していきたいということでした。

また、今まで3年間で同期や先輩方から頂いたたくさんの手紙、メッセージの中で、特に心に残っているのは、「あなたの優しさに助けられている」というものでした。そう言って下さる方が、ほんのわずかですが確かにいました。もしかしたら、お世辞9割かもしれないし、むしろ人の心など持ち合わせていない人間だと思っている人の方が多いかもしれません。もしそうだったとしても、そんなふうに思って下さる方がいるのであれば、私が持ち合わせているらしいそのわずかな優しさを活かしていこうと思います。片想いでもいいから吹奏楽団のみんなを愛そうと思います。片想いでもいいから(つまり思うように上達しなくても)音楽を愛そうと思います。

最後に、吹奏楽団副責任者になってからの3か月間で学んだことを書きたいと思います。それは、辛い時悲しい時はみんなに頼ればいいということです。どんなに大きな愛に包まれてきたとしても、またどんなに愛情深い人であっても、自分のことは自分で解決しようとする人がいます。私も孤高に誇り高く生きることこそ至高と思っていたときもありました。けれども、誰にでも一人では解決できないことがあります。いつの間にか限界を超えてしまうときもあります。そんなときは人に頼ればみんな助けてくれます。みんなは言い過ぎだとしても心から寄り添ってくれる人が必ずいます。頼ることは決して悪いことではなくて、愛の連鎖を呼び温かい人の和が広がることだってあります。そして少なくとも今の吹奏楽団はそんな団体だと確信を持って感じています。

私はこの3か月間で、本当に応援部吹奏楽団に入って良かったと感じました。この最高の仲間との時間を大切に、あと9か月間最高に楽しみます。

稚拙な文章にお付き合い下さり、どうもありがとうございました。皆様には今後とも温かく見守って頂ければ幸いです。

See More
Image may contain: 1 person, smiling

【部員座談会企画vol.3】
4月になりました🌸暖かくなって桜も咲き、すっかり春ですね。春と言えば、何といっても東京六大学野球春季リーグ戦!!開幕まであと2週間を切りました。ということで今回は【神宮特集】!リーダー、吹奏楽団、チアリーダーズの各パートの責任者に、神宮の魅力や今季への意気込みを語ってもらいました。
神田朋希(リーダー長・新四年)、佐藤あかり(吹奏楽団責任者・新四年)、杉浦史緒(チアリーダーズ責任者・新四年)

-ずばり、神宮応援の魅力は何でしょうか?これまでで印象に残っている試合や瞬間なども教えて下さい!

...

神田:アウトや点を取った時など、一つ一つのプレーに対して全力で喜ぶことができること。さらにその喜びをお客様と共有できること。昨年の秋季リーグ戦で法政大学から勝ち点を奪った瞬間に応援席にいる皆が感極まって涙している光景が印象的でした。

佐藤:神宮応援の魅力は何といっても応援席の一体感だと思います!15年ぶりに勝ち点をとった試合で、野球部、応援部、そしてお客様の全員で喜びを分かち合えた瞬間は涙が出るほど感動して、特に印象に残っています。

杉浦:昨秋の対慶大3回戦を鮮明に思い出します。勝ち点のかかった試合。九回に4点を追加するも、惜敗しました。最後まで諦めない選手に逆に勇気付けられ、応援席がひとつになったあの空気を忘れることは出来ません。選手、お客様、部員と感じられる一体感が神宮応援の最大の魅力です。

-神宮球場は様々なドラマや熱い瞬間が生まれるところなのですね。では、本年度の応援部の、自身のパートの強みは何ですか?また、春季リーグ戦ではパートとしてどのような応援を目指していますか?

神田:リーダーの強みは体一つで応援席をまとめ上げることができること。今季の応援では、声、身振り、ネタで応援席から勝てる空気を作っていきたいと思います。

佐藤:吹奏楽団の強みは、絶対に勝ちたい!という一人一人の強い想いです。春季リーグ戦ではその想いを音楽と声援にのせて、それぞれの個性を活かした応援を選手の方々やお客様に届けて参りたいと思います。

杉浦:チアリーダーズは、どんな時も笑顔と華やかさで応援席を盛り上げます!KRANZ・東大応援部の一体感はどこにも負けません。いつも応援してくださる方も初めていらっしゃった方も、勝利への想いを選手や応援部員とひとつにして貰えるような応援席を作ります。

-三パートそれぞれの強みを活かし、さらに三パートで一体となり、昨年より更にパワーアップした応援部にご期待ください。では最後に意気込みや東大生へ伝えたいことをお願いします!

神田:神宮応援の醍醐味は、喜びや悲しみなどの感情を超えた、ひとつの応援席という「空気」を共有できることです。その「空気」をぜひ球場で味わってみてください。僕たちと一緒に東大を応援しよう!

佐藤:昨年成し遂げられなかった最下位脱出を春季リーグ戦で必ずや果たせるよう、私たちの真心込めた応援で後押ししたいと思います。新入生の皆さんもクラスやサークルのお友達とお誘い合わせの上、たくさんの熱い瞬間に立ち会える応援席へ足を運んで、一緒に野球部を応援しましょう!

杉浦:応援部としてやれることは全部やって、部員皆で、野球部のみんなと一緒に戦い抜きます!他の運動会の方々も、リーグ戦等頑張ってください。六大学野球は5月下旬までやっています。平日の日中に試合があることもあるので、ぜひ神宮に来て、同じ運動会の仲間として一緒に応援してくれたら嬉しいです!感動や刺激が待っています。

ありがとうございました。4月14日、東京六大学野球春季リーグ戦ついに開幕です!まだ神宮に行ったことがない東大生、行くか迷っている東大生、休日暇している東大生、みんな、行かないと損ですよ!私たちと一緒に東大野球部の勝利、勝ち点、そして最下位脱出を後押ししましょう💪

写真1枚目:リーダー長、2枚目:吹奏楽団責任者、3枚目:チアリーダーズ責任者

See More
Image may contain: 2 people, people playing sports and people standing
Image may contain: 2 people, crowd
Image may contain: 1 person, crowd and outdoor

【幹部より一言2018 vol.13 古川理佳子】

平素より弊部Facebookをご覧下さいまして、誠にありがとうございます。本年度チアリーダーズ運動会常務を務めます、古川理佳子と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。

幹部になって、同期から学んだことがあったので、そのことについて少し書かせて頂きたいと思います。

...

三年生までの気楽な私は、単純に、応援部が大好きで、先輩後輩や同期も好きで、全ての活動を楽しんできました。しかし、幹部になって、同期が、それぞれの活動を頑張っている姿を見るうちに、私は全ての活動が好きだけれど、どれも現状維持で満足してしまっているのではないか、新しいことに挑戦できていないのではないか、と気づいてしまいました。

これからの神宮応援や様々な部活の応援に向けて、より良い応援をするため、新しいことを始めようと同期が考えてくれています。また、最近は新歓ステージの練習をしていますが、大技のスタンツが続く難易度の高い演技を、同期が作ってくれました。他にも様々な部門で、応援部を変えたい、より良いものを作りたい、という同期みんなの想いがひしひしと伝わってきます。

そんな同期の姿を見て、挑戦する気持ちの大切さに気づけました。
今年一年は、新しいことを始めるのに恐れず、挑戦する年にします。応援でもステージでも、自分の限界を作らずに、成長し続けます。
また、何か変えるべきことはないか常に探したいと思います。一つ一つの応援やステージについてもっと色々考えて、それを実践したいです。
そして、同期みんなの想いに応えるべく、みんなが挑戦することを、私も一緒に全力で頑張りたいと思います。

今年の応援部にもご期待頂ければ幸いです。
お読み下さり、ありがとうございました。

See More
Image may contain: 1 person, smiling, playing a sport and outdoor

【幹部より一言 vol.12 野々垣彩香】
平素より弊部Facebookページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。本年度吹奏楽団新人監督を務めます、野々垣彩香と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。

いよいよ3月も数日を残すのみとなり、新入生を迎える日が近づいて参りました。吹奏楽団新人監督を拝命して以来、4月からの勧誘活動に向けて応援部の魅力について考えることが増えましたが、新人勧誘とは現部員を大切にすることと表裏一体であるということを日々学んでおります。
「応援部」という団体は様々に形容されますが、その実体は結局所属している部員であり、継承されてきた伝統や文化も部員がいなければ途絶えてしまいます。つまり、部外の方が感じて下さる「応援部の魅力」というのは言わば「応援部に属する部員の発する魅力」であり、部員がいかに輝いているか、ということに尽きると考えられるのではないでしょうか。

...

応援部に入部して三年間、振り返るとあまりよく覚えてないくらいあっという間だったように思います。目の前の自分の演奏、ドリル、応援、業務をやり遂げることに精一杯で、周りを見渡したり深く何かについて考えたりする余裕は無かったからかもしれません。四年目にしてようやく意識的に周りを見られるようになりましたが、そこには色々なことを一緒に乗り越えてきた同期と、様々なことを抱えながらも応援部を辞めずに続けてくれている後輩がいました。その一人一人にそれぞれの生活があり、色々な気持ちや悩みを持っていることに気づくと、一人一人がとてつもなく愛おしくなると共に、今までもっと向き合って来なかったことへの後悔が募りました。応援部員としての最後の一年間は、大好きな部員一人一人が前向きな気持ちで輝けるように、もっと目も心も配り、話をして、精一杯向き合っていきたいと思います。

今後の応援部の活躍にご期待ください!宜しくお願い致します。

See More
Image may contain: 1 person, smiling

【部員座談会企画vol.2】
新入生の皆さん、合格おめでとうございます🌸大学生活4年間、何に捧げるかもう決めましたか??ということで今回は【新歓特集】!!応援部はリーダー、吹奏楽団、チアリーダーズの3パートで活動しています。今回は各パート新歓担当の新三年生(鈴木真理:チアリーダーズ、内藤武蔵:吹奏楽団、渡邊太稀:リーダー)の3名に応援部の魅力や新入生への想いを語ってもらいました。新入生必見です☆

-まず、3人が応援部に入部したきっかけは??
鈴木:中学・高校と合唱部で、大学では何か運動系のサークルに入りたいと思っていたのですが、体験練習に参加すると笑顔の溢れるKRANZの雰囲気がとても気に入りました!また初心者が多く、一から丁寧に教えてもらえることも入部を決めた一因でした。...
内藤:僕は大学に入った時に一生涯できるからという理由で楽器を始めたいなと考えていて、元々野球は好きだったからということもあって応援部吹奏楽団に興味を持ちました。初めて行った神宮での応援の熱さは忘れられませんね。
渡邊:高校生時代に生徒会をやっていて、学校の生徒に貢献できる日頃の活動に満足感があったので、大学でも運動会のみなさんに貢献できるようなことをしたいな、と思いました。

-なるほど、きっかけは人それぞれなんですね。応援、ステージ活動など応援部の活動も様々ありますが、特に好きな活動は何ですか?感動する瞬間などあれば教えてください
鈴木:ステージ活動が大好きです!かけがいのないKRANZの仲間と、感謝の気持ちを演技で伝えられたら心から幸せを感じます。また、練習で新しい技が出来た時、応援で客席の皆の想いが一つになっている時など日々たくさんの感動を味わっています!
内藤:色々な活動がありますけどやっぱり神宮での野球応援が好きです。あの神宮球場で青空のもと思いっきり楽器が吹けるというのは純粋に気持ちいいですし、ほぼセミプロ集団に対して同じ東大生が全力で挑んでいる姿は東大生ならどんな状況であれ応援したいと思うはずです。
渡邊:なんといっても神宮での六大学野球応援ですね。リーダーの場合これに向けたものが練習の大半を占めているので……。昨シーズンに勝ち点をとった瞬間のことは一生忘れないと思います!

-では、応援部に入って自分が変わったと感じることはありますか?
鈴木:自分のためではなく、選手やお客様など誰かのために一生懸命になることの大切さと素晴らしさを学びました。自分の声援や演技が周りの人に力になれるように努力することは大変なこともありますが、今では大変やりがいを感じます!
内藤:個人的には何より音楽に対する教養が深まったことによって世界が広がった事が嬉しいです。今までなんとなくで聞いていた音楽もどういうものなのか少しわかるようになりました。とは言えまだまだわからない事だらけですけど。
渡邊:応援活動一つとっても、応援先の部活の人から一緒に応援してくれるお客さんまで色々な人と関われるので、人脈、もっといえば見える世界がとても広がったと思います!

-最後に新入生へメッセージをお願いします!
鈴木:何事にも全力で取り組み、一生の仲間とステージや応援といった活動に熱くなれることが魅力だと思います。新入生の皆さんへの歓迎の思いを込めた新歓ステージや、練習の雰囲気を味わえる体験練習などの新歓イベントも満載なので、ぜひ遊びに来てくださいね!
内藤:応援部の魅力は実際に体験しないとわからないと思います!新歓ステージ、体験練習、神宮と色々目白押しです!タダ飯目的でも大歓迎なのでどんどん来て下さい。まずはサーオリで会いましょう!@524!
渡邊:ぜひ4/14,15の六大学野球に来てほしいです!高校野球とは比べものにならない規模ですし、東大の学生やファンの人が大勢来てくれるので、楽しんでいただけると思います。一緒に慶應倒しましょう!笑

ありがとうございました
応援部に興味を持ってくれた人もそうでない人も、是非応援部の新歓イベントに足を運んでみてくださいね(*^_^*)

☆応援部twitter絶賛更新中🐓活動報告や新歓イベントの告知を行っています☆
🌸新歓情報→@utouen_shinkan】
応援部公式→@todai_ouen
チアリーダーズKRANZ公式→@cheer_KRANZ

☆LINE@友達登録大歓迎!応援部の情報が盛りだくさんです☆
リーダー:@mrp07040g
吹奏楽団:@zrn7406v
チアリーダーズ:@blb4459a

写真1枚目:鈴木、2枚目:内藤、3枚目:渡邊

See More
Image may contain: text
Image may contain: 1 person, smiling
Image may contain: 1 person, smiling
Image may contain: 1 person

【幹部より一言2018 vol.11 神前梨理子】
平素より弊部Facebookページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。本年度チアリーダーズ応援企画を務めます、神前梨理子と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。
私の応援団としてのキャリアは中学生の頃、母校の野球部を応援する吹奏楽部員として始まりました。球場で演奏するのは単純に楽しくて大好きでした。大学での応援も、きっと同じように楽しいだろうと思っていました。
東大応援部に出会い、4年目を迎える今、私にとって応援はもはや単純に楽しくて大好きなものではありません。仲間のための真剣勝負です。
私は他の運動部に友達が多いわけでもなければ、スポーツの経験があるわけでもありません。それでも、東大運動会のみんなのことを信頼できる仲間だと思っています。...
運動会と言っても幅が広く、それぞれの部で雰囲気も違います。しかし、みんながなぜそこに所属し続けているのか、どんなとき喜びを感じ、何を達成したいのかを考えてみると、そこには共通点がたくさんあるのではないかと思います。
いつも支えてくれる仲間のありがたさ。課題を克服し、目標達成に近づいていると実感するときの喜び。チームに貢献できたという嬉しさ。そして、つらい練習を乗り越えて勝利をつかむ感動を、この4年間で、みんなで、体験しているはずです。
同じ部活で同じ経験をしてきたわけではないけれど、運動会のみんなのかっこいい戦いぶりは、私が部活を続けている理由です。仲間と一緒に最後まで走り抜けたい。あと9ヵ月、どんなときも、大声を張り上げて東大を応援し続けます。

See More
Image may contain: 1 person, smiling, playing a sport, stadium, football and outdoor

【幹部より一言2018 vol.10 杉浦史緒】
平素より弊部Facebookをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。本年度チアリーダーズ責任者を務めます、杉浦史緒と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。

私は応援部が大好きです。
応援が好きで、ステージが好きで、練習が好きで、部員が好きで、人との繋がりを大切にする部の雰囲気が好きです。...
そして、応援部は私に今まで感じたことのない感動をたくさんくれました。
正部員になってすぐのハンドボール部応援で、目標の二部昇格を果たした選手・スタッフの方々と、共に涙しながらただひとつを歌った時。初めての淡青祭で、先輩方と一生懸命練習したスタンツが決まった瞬間。夏合宿で初めて部員が自分にあてて、「闘魂は」を贈ってくれた時。
どんな時でも諦めない選手から、大好きな部員から、今まで数え切れない程の感動をもらってきました。

心がひとつになった時に生まれる感動やエネルギーは、計り知れないものがあります。それが見る人の感動を呼び、連鎖していく。応援とは感動が感動を生む力です。

本年度、チアリーダーズ活動方針として「想いひとつに」を設定致しました。

本日、1週間に及ぶ春季強化合宿が終了致しました。ひとりひとりが自分の課題に正面から向き合い、明確な目標を立てて日々を過ごしました。体力的にも精神的にも決して楽ではない中で、合宿中でもチアリーダーたることを忘れず、お互いがお互いを思いやり、笑顔を絶やさずに元気一杯に乗り越える、そんな素晴らしいチームに成長したと、嬉しく思っています。
合宿の締めくくりとなる応援練習では、まさに「想いひとつに」なった部員の姿に胸が熱くなりました。

この合宿で得たものを、いよいよ本格的にスタートする様々な活動において活かしていける様、また更に成長していける様、今後とも精進して参ります。
最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

See More
Image may contain: 1 person, smiling, playing a sport and outdoor