Photos
Reviews
Voice of Kyoto - 伝統以前の京都を伝える has no reviews yet.
Tell people what you think
Videos
Japanese Decorative Gigs '09 chill-out in TOKYO
3
1
Posts

京都の北部、舟屋で有名な伊根町のゆきの残る穏やかな夕暮れの景色です。

It looks like you may be having problems playing this video. If so, please try restarting your browser.
Close
564 Views
Terminal81 Film is at 伊根の舟屋.

Film at INE cho, KYOTO.

大雪の後、久しぶりに陽がのぞいた京都府伊根町に仕事で足を運びました。
日本海側とは思えないほどの穏やかな陽気の中で、絶え間ない波の音と、屋根から滴る雪解けの水音を聞きながら、伊根町の景色を記録。

...

春には新たな飲食スペースが生まれ、ますます伊根が魅力的な町になります。ぜひ、皆さんも足を運んでみてください。

See More
Posts
JUL17
Sun 10:00 AM UTC+09ふじセンター
55 people interested
2016年9月に開催される京都・岡崎発のクロスジャンル音楽フェス「OKAZAKI LOOPS」公式サイト。
okazaki-loops.com

先日、世界遺産 下鴨神社の式年遷宮の一年祭として行われた糺勧進猿楽にて。

この時期の青々とした参道は、とても美しいですね。

Image may contain: one or more people and outdoor
Image may contain: tree and plant

和菓子と呼ばれるようになって実はさほど時間が経ったわけではありません。和菓子ではなく、菓子としての歴史ははるかに長く、その文脈には日本の源泉へと至る道筋も見え隠れします。

日本が内包する文脈としての奥行きと、そこから磨き伝えられてきた、時に造型としての美しさを感じてもらいつつ、和菓子はこんな風につくりますよ、ではなくて、菓子の系譜の入り口に触れるような気持ちで観るとさらにお楽しみいただける映像です。

「手のひらの自然 京菓子と琳派」展 2015...
こちらへの応募もぜひ!皆様の和菓子のアイデアをプロの職人がかたちにしてくれますので、ぜひご応募くださいね。
#Terminal81Film

See More
It looks like you may be having problems playing this video. If so, please try restarting your browser.
Close
11,926 Views
手のひらの自然 京菓子展 2017

『菓子のにほひ』
shapes and senses of Japanese historical nourishment

四季を感じ、自然を感じ、宇宙を感じる。

...

菓子は面白いです。

**京菓子と琳派 2015
http://kodo-kan.com/kyogashi/
あなたも京菓子の世界へ**

・Movie by Naoki MIYASHITA
Terminal81 Film directed by Naoki MIYASHITA
http://www.miyashitanaoki.net
有斐斎 弘道館で約1年以上にわたり「菓子サロン」を行い、菓子の魅力を映像に収めてまいりました。その一部をご覧いただける短編映像です。

See More

【POP-UP SHOPのご案内】
「空想の実り」をテーマに「御菓子丸」杉山早陽子さんと「AFLO+」の皆川眞弓さんの作品を中心に開催致します。

作り手が想像する数多のイメージやアイデアを自らの手で形にすること。ものづくりの基本でありますが、出来上がりからはその道程や形にならなかった物語を知ることはできません。

...

5月30日,31日の二日間の期間中には杉山さん、皆川さんも会場にいらっしゃいます。

二人の想いが結実した作品をぜひお楽しみ頂ければ幸いです。

《日時》
2015年
5月30日(土)12:00 - 16:00まで
5月31日(日)12:00 - 18:00まで

《場所》
京都市下京区西錺屋町25番 つくるビル 301号
Terminal81/VOICE OF KYOTO のアトリエ内

《セレクトブランド》
御菓子丸(京都)photo:RyouichiMorikawa
AFLO+(京都)photoNaoki MIYASHITA
https://www.facebook.com/events/443150219192445/

See More
No automatic alt text available.
No automatic alt text available.
空想京都 added 2 new photos — at 空想京都.

【 5/30,31 POP-UP SHOPのご案内】
「空想の実り」をテーマに「御菓子丸」杉山早陽子さんと「AFLO+」の皆川眞弓さんの作品を中心に開催致します。

作り手が想像する数多のイメージやアイデアを自らの手で形にすること。ものづくりの基本でありますが、出来上がりからはその道程や形にならなかった物語を知ることはで...きません。

5月30日,31日の二日間の期間中には杉山さん、皆川さんも会場にいらっしゃいます。

二人の想いが結実した作品をぜひお楽しみ頂ければ幸いです。

《日時》
2015年
5月30日(土)12:00 - 16:00まで
5月31日(日)12:00 - 18:00まで

《場所》
京都市下京区西錺屋町25番 つくるビル 301号
Terminal81/VOICE OF KYOTO のアトリエ内

《セレクトブランド》
御菓子丸(京都)photo:RyouichiMorikawa
AFLO+(京都)photoNaoki MIYASHITA
https://www.facebook.com/events/443150219192445/

See More

【神山湧水珈琲に出逢う】上賀茂神社に来るのは思い返せば昨年の「斎王代女人列御禊神事」以来のこと。桜が散り連休が明け少しひとの動きも落ち着いたでしょうか、通り雨の上がった後ということもあってか緑が一層青々としていました。そんな境内の一角に普段は目にしないブースを発見しました。

一体何事?と近寄ってみれば、古風ななりををしたバリスタがドリップの最中。看板には「神山湧水珈琲」とあります。神山湧水(こうやまゆうすい)とは上賀茂神社(正式名称:賀茂別雷神社)が代々守り、都を潤わせ続けてきた湧水のこと。その水利を司っていたのが賀茂一族で、鴨川とはこの賀茂からもちろんきているんですね。鴨川と普段気安く呼んでおりますが、つまりはこの賀茂一族の差配ひとつで都の水はどうとでもなった!かもしれないわけで大変なことです。

さて、いよいよ近づきまして、よくよく話しを伺いますと、式年遷宮の今年「この神山湧水をつかった記念事業ができないか?」という話しになり、原田知世さんのCMが記憶に刻まれ続けるAGF(味の素ゼネラルフーヅ株式会社)さんと「水の大切さと文化」を次世代に伝え、...自然をうやまうこころを育てるという趣旨のもと、オリジナルの珈琲ができあがったそうです。

もちろん、神山湧水をつかった珈琲は他にひとつとないわけで非常に稀有なものといえます。この神山湧水珈琲のテイスティングのためのブースが正体だったわけですね。ブースにはドリップのスペースだけでなく、葵を活けた鉢、カラフルな珈琲の実をアレンジした鉢、そして、AGFが震災以降、復興に力を貸してきた東北の窯元の作品が展示されており、このそれぞれの窯の珈琲カップで美味しくいただくことができました。一番の好みのカップでいただけたので大満足ですw

添えてある八ツ橋は聖護院八ツ橋さんのもの。葵の紋様が緻密に描かれているだけでなく、3枚それぞれに違う焼印が押してあるというこだわりが。。。と思いきや、このブースでいただく珈琲は八ツ橋との相性を前提にブレンドされたものだそうです。豆にはタンザニア産のキリマンジャロが使われており、キリマンジャロの麓に住むマサイ族が「神の家」と呼ぶことから、「神山湧水」に合わせるにはこれしかない、ということになったそうです。マサイ族と宮司のツーショットを想像するに、中々の絵面です。

肝心の味ですが、風味は酸味があって深すぎず、焼八ツ橋の風味を打ち消すでもない、それぞれが楽しめて絶妙な塩梅。もっと濃いしっかりした味を予想していたので良い意味で裏切られつつも流石研究されたものだなと感心いたしました。

企業が伝統文化・芸能と結びつくにもいろいろなかたちがありますが、今回のような取り組みは背景を掘り起こしながら時間をかけて生み出されたものには説得力があり企業姿勢が伺えます。AGFは今回のようなそれぞれのケースに合わせた珈琲ブランドの開発に力を入れていきたいと考えているようで、サードウェーブが押し寄せる今のトレンドに流されることなく、絶え間なく湧き出る湧水のように永く取り組んでもらいたいですね。

明日を含め後4回、無料で振る舞われておりますので、お近くに立ち寄られる皆様、ぜひお見逃しなく!
[予定] 5/10,7/25,7/26,10/17 各日 11:00-16:00(L.O.15:30 ※15:20ぐらいまでにいくのが無難です)

http://www.agf.jp/kouyama/

See More

いよいよGWも本番というところでしょうか。5/5には昨年に続き「能」と「生花」をひとつのテーマのもとに嗜む素晴らしい企画が開催されます。まだこの日の予定を空けておられる方はぜひご参加いただければと思います。

Image may contain: one or more people
Kanako Hamasaki

今年も、松殿山荘の古典文化サロン「花と能」あります!
テーマは「松」。日本人にとって、永遠のテーマですね!

「花と能―松」
日時 5月5日(祝)午後2時...
場所 松殿山荘(宇治木幡)
出演 笹岡隆甫×林宗一郎

See More

Koudoukan is a place of scholarship founded by Minagawa Kien, a Confucianist and an important Kyoto figure during the mid-Edo period, who is said to have had some 3000 disciples.

We are pursuing revival of Koudoukan in the modern days through various cultural activities, providing a space for spreading and passing on the beauty of Japanese culture.

One of the Japanese cultures we continue to share is the Way of Tea.

...

http://kodo-kan.com

--------

観光都市「京都」と称しながらも、日々、観光都市てだけでなく歴史・伝統を伝えるための場所・空間が失われていくのが今の京都の悲しい現状でもあります。

有斐斎 弘道館 は、そんな京都にあって自らを成功モデルのひとつにできないか?と日々取り組まれております。

このムービーは、その「有斐斎 弘道館」が何を継承し伝え守り広めようとしているのか?その心の部分を伝えたいという思いから、弘道館の皆様と作成されたものです。

ぜひ、ご覧くださいませ。

有斐斎 弘道館 http://kodo-kan.com

See More
It looks like you may be having problems playing this video. If so, please try restarting your browser.
Close
8,830 Views
Terminal81 - 職人と文化を時代につなげるプロジェクト is with Toru Ota and 2 others at Yuuhisai Koudoukan.

Japanese Tea Ceremony is a kind of installations with host and guest in the silence.

"茶の湯" の空気感をありのままにおさめたショートムービーです。かつて三千人の門弟が集った弘道館を舞台に、当時の息遣いを感じながら撮影にのぞみました。...

こうした文化・芸能の本質を残しさらに次代に継いでいこうと取り組まれている弘道館のみなさまの支援をよろしくお願い致します。

film direction / cinematograph by Naoki MIYASHITA 

Koudoukan is a place of scholarship founded by Minagawa Kien, a Confucianist and an important Kyoto figure during the mid-Edo period, who is said to have had some 3000 disciples.
We are pursuing revival of Koudoukan in the modern days through various cultural activities, providing a space for spreading and passing on the beauty of Japanese culture.
One of the Japanese cultures we continue to share is the Way of Tea.
http://kodo-kan.com
--------
観光都市「京都」と称しながらも、日々、観光都市てだけでなく歴史・伝統を伝えるための場所・空間が失われていくのが今の京都の悲しい現状でもあります。
有斐斎 弘道館 は、そんな京都にあって自らを成功モデルのひとつにできないか?と日々取り組まれております。
このムービーは、その「有斐斎 弘道館」が何を継承し伝え守り広めようとしているのか?その心の部分を伝えたいという思いから、弘道館の皆様と作成されたものです。
ぜひ、ご覧くださいませ。

有斐斎 弘道館 http://kodo-kan.com

See More

少しずつ、春が近づいて来ています。

Image may contain: tree and outdoor
Naoki Miyashita is with KenIchiro Hoshi.

岡崎の疎水沿い、延勝寺跡の一帯?桜。瓦を背景に見事に美しいですね!